ここだけのパイロットの話 質問箱

モテない僕でもパイロットになったらモテますか?

投稿日:


Jです。

 

質問【モテない僕でもパイロットになったらモテますか?】

まずは一言言わせてください。

パイロットになったモテると思っている時点で考えが甘すぎです。

そんな考えだからモテないんです。

ほんと、多いんですよこういう質問。

※面と向かって聞かれたら「どうだろーねー、ハハハ」と適当に答えることにしています。

 

僕はいろいろな事例を見てきているのでこれだけは言えます。

 

特定の職業についたからといって無条件にモテるということはありません。

 

それなりのお金持ちや、それなりの職業の人がモテる(ように見える)のは、そこに至るまでの苦労や努力が人間性を作っているからです。

肩書きではなくて、そこに至るまでの努力や苦労で培った人間性に惹かれるんじゃないでしょうか。(予想)

苦労した人は人に優しいと言いますしね。

 

夢を無くしてすみません。

しかし、嘘をついても仕方がないので本当のことを言いたいと思います。

現実は厳しいのです。

 

肩書きでチャンスが多く回ってくるのは間違いない

さて、肩書きでモテるのでしょうか?

そんなに甘い話はありません。

 

肩書きがあれば確かに合コンや出会いの場でプラスであることは確かです。

お金や学歴と同じであるに越したことはありませんが、モテるかどうかは別問題です。

 

確かにチャンスは他の人よりも多く回ってくるということに間違いはありません。

しかし、それをものにできるかどうかはその人の人間性にかかっています。

 

野球で例えるならば、チャンスとはバッターボックスに立つ回数」で、その人の人間性が「打率」だと思います。

どれだけ打席に立っても、打率がなければ成功しません。

チャンスが多いということは低い打率でも成功回数は必然的に上がる。

ということは、結果としてモテるという言い方もできるかもしれません。

 

逆に、少ないチャンスでも打率が高いとしっかり結果を出すことができます。

打率が高い人をモテる人という考えもできます。

何をモテるというかは人それぞれです。

 

簡単な場合分け

僕の分析です。

①もともとモテる人

もともとモテる人は当然パイロットになるとさらにモテます。

もともとの人間性でモテるわけなのでパイロットになるとさらにモテます。

こういう人は何をしていてもモテます。

もともと打率が高いので代打でも大丈夫ですが、それが毎試合フルで出場するようなものです。

ここに議論の余地はありません。

次にいきます。

 

②可もなく不可もない人

ここに該当する人が最も多いと思います。

場合によってはモテるようになるかもしれません。

打率はまあまあの人なので、機会さえ多くあれば結果を残すことができます。

 

しかし、ここには落とし穴があります。

 

決してパイロット同士で張り合わないでください。(マーケティングの大原則)

あなたがパイロットになるということは当然まわりはパイロットだらけです。

同期も先輩も後輩もパイロットです。

周りもパイロットの戦場で勝負するとあなたがパイロットという武器は武器でなくなります

自力での勝負になってしまいます。

高校野球で4番でも、プロでは補欠。

そうなってしまえば出場機会は激減します。

 

そして、決して調子に乗らないでください

CAからもモテません。

CAの周りはパイロットだらけ。

あなたではなくもともとモテているパイロットの方に行くからです。

 

③もともとモテない人

怒らないでください。

今の時点でモテてないということは、パイロットになったとしても・・・。

打率を上げる努力をしましょう。

あとはお察しください。

 

結論

【結論】あなたはあなた。モテない人がパイロットになったら「モテないパイロット」になるだけ。

 

当たり前のことですが、人間大事なのは中身です。

職業で態度を変える人と付き合わなくていいと思います。

本当の自分を良いと思ってくれる人を見つけるのが1番幸せです。








-ここだけのパイロットの話, 質問箱
-

執筆者:

関連記事

パイロットの訓練でフェイルする予兆3つ!いきなりフェイルすることはない

Jです。 パイロットになるまでには様々な試験があり、それをひとつひとつクリアしていかなければなりません。 フェイルしてしまうんじゃないかという不安に襲われることもあります。 ※フェイル:パイロットの訓 …

【名言シリーズ~その1~】航大初めての担当教官からの言葉

Jです。   今回ですけども、僕が航空大学校時代に初めて担当していただいた教官から言われた言葉の中で、今も仕事に生きているものを紹介したいと思います。   僕の中での名言は結構ある …

パイロットは運転手ではない。パイロットの仕事の本質とは?

Jです。   皆さんパイロットの仕事と聞いてどのような内容を思い浮かべるでしょうか? 多くの人がパイロットは飛行機の運転手であるから「飛行機の操縦」が主な仕事だと思っていると思います。 &n …

パイロットって英語どのくらいできればなれますか?

Jです。 今回ですけども、パイロットの英語力について答えたいと思います。   【答え】 できなくてもなれる道はある。 パイロットになるためにどの道を選ぶかで必要な英語力は異なる。 具体的には …

猫が寝ている図

オンとオフの切り替え方!休日は全力で休むことに専念すべし

Jです。   今回ですけども、パイロット(というか僕の)のオンとオフの切り替え方についてです。 昔、航空大学校に入学したときに先輩に「パイロットはオンとオフの切り替えが大事」と言われたことが …