ここだけのパイロットの話

パイロットが社内で他職種から嫌われる3つのワケ

投稿日:17/01/2021 更新日:


Jです。

 

今回ですけども、パイロットの職のマイナス面について書いてみました。

 

実はパイロットは会社の中で嫌われやすい職業なのです。

その理由をまとめてみました。

 

①自分に厳しい分他人にも厳しい人がいる

パイロットはなるまでに厳しい訓練を積んでおり、パイロットになってからも6カ月に1回審査に合格し続けなければなりません。

ストイックな人が多く、自分を厳しく律しなければなりません。

それを社内の他の人にも求めてしまう傾向にあります。

つまり、自分に厳しい分、他人にも厳しい人が一定数いるのです。

自分達はプロの集団という意識が高く、他職の人がプロの仕事をしていないと厳しく指摘することもあるので嫌われます。

 

よくスタッフに怒っている人を見ます。

怒っている人は大体正論を言っていることが多いです。

例えば、昨日入社した運航支援の人に「お前は何も知らないな。昨日入社したとかはお客様にとっては何の関係もない。」といったような正論です。

どの職場でも正論をズカズカ言って相手を詰める人は嫌われませんか?

特に整備士、グラハンなどの直接パイロットと関わる仕事の人の方がパイロットを嫌いな割合が高いです。

 

たまにクレーマーみたいに言っていることがめちゃくちゃな人がいます。

そういう人は同職のパイロットからも嫌われます。

 

②どんなポンコツでも待遇が良い

パイロットの給料は社員の中では最上位です。

それだけで嫌われます。

中には「オートパイロットに任せて自分たちはお茶を飲んでいて、現地に着くとおいしいものを食べているだけ。それなのにあんなに給料もらいやがって」と思っている人がいます。

 

そして、パイロットになってしまえばどんな能力の人でも待遇は同じです。

それも気に入らないらしく「なんであんな奴がいっぱいお金もらってんだ・・・」と思われるそうです。

 

これに対しては一応反論しておきます。

世の中、楽して大金を儲けることはできません

 

③平社員のくせにやたらと偉そう

飛行機のドアが閉まってしまうと機長は法的に権力を持ちます。

飛行機の安全のためには誰かが責任をもって仕切らなければならないからです。

しかし、飛行機を降りてしまうと普通の社員の1人です。

たまに勘違いをして飛んでないときも偉そうな人がいるので嫌われます。

 

そういう人に多いのが、「自分は絶対に間違っていないと思っている」「謝らない」「口調がきつい」といった特徴です。

もちろんほとんどは普通のいい人なのですが、一部が強烈なのでその人たちの言動で全体が嫌われてしまうみたいです。

 

言いわけ

こんな感じでいろいろな要素が合わさって嫌われていきます。

ほとんどの人がいい人なんです。

しかし、一部が強烈なだけにその被害にあった人が周りにそのことを言って話に尾ひれがついて「これだから乗員は・・・」となるのだと思います。

 

※ちなみに旅客係員やCAにも嫌われていますが、旅客係員やCAに嫌われている理由は上記の理由ではありません。(お察しください)


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

各航空会社のコールサイン【日本版】

Jです。   今回ですけども、各航空会社のコールサインについてです。 コールサインとは無線での呼び名です。 管制官はこのコールサインで呼び出してきます。 例)”All Nippon 21, …

航空大学校で1番大事な課程はどれ?

Jです。 航空大学校は4つの課程があります。 ①宮崎座学課程 ②帯広フライト課程 ③宮崎フライト課程 ④仙台フライト課程   今回ですけども、どの課程が1番大事かを書きたいと思います。 &n …

空港の風景

パイロット失業寸前??AI vs 人間

Jです。 今回ですけども、将来的にAIに仕事を奪われるかについてです。   日頃仕事で飛行機に乗れば乗るほど「飛行機作ったやつ天才」って思うわけですよ。 そもそもあんなに大きな鉄のかたまりが …

パイロットの免許(事業用操縦士)でできること、できないこと

Jです。   今回ですけども、パイロットのライセンスである「事業用操縦士」のできること、できないことについてです。 この内容は試験に出ます(笑)   事業用操縦士の業務範囲 パイロ …

国際線で十何時間も何してるんですか?

Jです。 今回もよくある質問に答えていきたいと思います。 国際線のフライトは時間が長いです。 そのフライト時間中上空で何しているかはよく聞かれます。   長距離国際線の上空でやること さて、 …