ここだけのパイロットの話

飛行機は自動操縦で着陸できる[Auto Landing]

投稿日:


Jです。

 

今回ですけども、飛行機のシステムについてです。

これはあまり知られていないかもしれませんが、飛行機は自動操縦で着陸できます

これってよく考えてみればすごいことだと思いませんか?

滑走路の幅は狭いところでは45mしかありません。世界最大の双発機Boeing777だと翼幅は約60mあり、Boeing767だと50mくらいの翼幅があります。

つまり飛行機の翼幅よりも狭いところに機械だけで着陸することができます。

 

自動で着陸できるがほぼ全員のパイロットは手動で着陸させている

飛行機(旅客機)は自動で着陸できる性能を有していますが、通常は誰も使いません。

その理由を説明します。

①パイロットの方が上手

まず1つ目の理由は、手動の方がいい着陸(ソフトな着陸)ができるからです。技術が発達しているとはいえ、まだ人間は機械に負けていません。

もちろん自動着陸をしても100%安全です。

しかし、機械は風の変化などの予想はできないため、風の変化の影響を受ければやや強い衝撃での着陸になる可能性があります。(もちろん許容範囲ですが)

人間は経験に基づいた先の予測や、空港特性・地形特異性を把握できるのでまだまだ人間の方が上手な着陸ができます。

 

②着陸やりたいから

パイロットは飛行機の操縦がやりたくてパイロットになったので、1番面白い着陸を機械に譲る人はいません。

全員がやりたがりなのです。

単純な理由です。

 

ある理由で自動着陸させたときの話

今まで自動着陸したことはあります。

その時に限ってCAさん経由でお客様からお褒めの言葉をいただきました。

「ナイスランディングでした」

とのことでした(笑)

お客様は自動着陸したかどうかは分からないので嫌味ではなく素直なお言葉だと思います。

ちゃんと飛行機に「ナイスランディング」と伝えておきました。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

成田国際空港【RJAA/NRT】

成田国際空港の特徴 東京国際空港(羽田空港)と並んで日本の玄関口。 千葉県にあり、都内からはアクセスがやや悪い。 成田エクスプレス(NEX)、スカイライナー、空港リムジンバス、高速バスなど公共交通手段 …

飛行機の画像

パイロットになっても毎年毎年試験がある件。

Jです。 パイロットの仕事をする上でライセンス取得は絶対条件です。 実はパイロットの免許は1回取ったらずっと使えるような無期限のライセンスではありません。 毎年試験があり、合格し続けなければ乗務を続け …

航空大学校3次試験で大事なことを解説

Jです。 今回ですけども、航空大学校3次試験の説明をしておこうと思います。 航空大学校の3次試験は最終試験です。 これに受かれば航空大学校に合格です。 試験内容は面接と模擬操縦装置(FTD)を使った飛 …

パイロットが結婚するタイミングについての質問に答えてみた

Jです。   今回ですけども、質問に答えていきたいと思います。   質問はこちらです。 「パイロットって結婚してない人が多いですか?また、皆さん何歳くらいで結婚するのですか?FO( …

夏より冬の方が飛行機は低いところを通るけど大丈夫?

Jです。 今回ですけども、飛行機の高度な話です。   5000ftは本当に5000ftなのか 飛行機の高度計は必ずしも真の高度を示しているわけではないということをご存知でしょうか。 都心上空 …