ここだけのパイロットの話

航空大学校で1番大事な課程はどれ?

投稿日:08/08/2020 更新日:


Jです。

航空大学校は4つの課程があります。

①宮崎座学課程
②帯広フライト課程
③宮崎フライト課程
④仙台フライト課程

 

今回ですけども、どの課程が1番大事かを書きたいと思います。

 

 

 

4択です。

 

 

 

どれでしょうか?

 

 

 

 

僕が1番大事だと思う課程は、1番最初の宮崎座学課程です。

ここは全力で頑張った方がいいです。

 

その理由を説明します。

 

座学あっての実技

例えば、野球を全く知らない人が野球をする場合、どうするでしょうか?

まずはルールを覚えると思います。

野球は9人でやること、ピッチャー・キャッチャーなどのポジション、攻撃と守備を交互に9回やるなどを覚えなければお話になりません。

ルールを知ってから、その後ボールをバットでうまく打つためにはどうすればいいか、どうすればコントロールよく投げられるかを研究すると思います。

ルールを覚えるのが座学です。そして、実際に投げたり打ったりするのが実技です。

グラウンドに立って野球の練習をする以上、教える側はルールは当然知っている前提で話をします。

その時に、実はルールを覚えてなかったとしたら先に進めません。

フライトも同じで、空を飛ぶための最低限のルールを覚えるのが宮崎座学課程です。

そして、実際に飛ぶのが帯広以降のフライト課程です。

 

各課程で積み残しをしない

航空大学校の座学で学ぶ知識はこれから先のパイロット人生で基礎になるもので、一生使う知識になります。

その後の帯広・宮崎・仙台での訓練はその知識の上に成り立っています。

帯広課程では宮崎座学課程の知識があることを前提に訓練します。

その後、課程が進むにつれてそれより前の課程の内容を習得した前提で訓練が進んでいきます。

各課程でやるべきこと・学ぶべきことは多いため、それより前の課程で積み残しをしてしまうと、その後の課程で巻き返すには相当苦労することになります。

従って、1番初めの座学課程が最重要ということになります。

 

「初めが肝心」という言葉がまさにその通りです。

フライトに限らずなんでもそうだと思います。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

【名言シリーズ~その2~】産まれてくるのが3秒遅かった件

Jです。   今回ですけども、初めてのフライト課程で体験したとある教官の名言(迷言)についてです。 航空大学校のとある名物教官と乗った時の話です。 その教官は面白くて有名な教官でした。 &n …

国際線で十何時間も何してるんですか?

Jです。 今回もよくある質問に答えていきたいと思います。 国際線のフライトは時間が長いです。 そのフライト時間中上空で何しているかはよく聞かれます。   長距離国際線の上空でやること さて、 …

航空大学校入試を考える人は大学・学部をどこにすればよいか?

Jです。 航空大学校を受験するためにはまずは大学に行かなければなりません。 大学はどこの大学、学部を選ぶべきなのでしょうか? 航空大学校で学ぶこと 座学課程 航空大学校の座学課程ではパイロットとして飛 …

パイロットって薬飲んじゃダメなの?

Jです。   今回ですけども、質問「パイロットって薬飲んじゃダメなの?」これに答えていきたいと思います。   原則は飲んだら乗るな パイロットは自身が服用する薬にも気を遣わなければ …

飛行機の旋回半径!数式で理解する航空力学

Jです。   今回ですけども、飛行機の力学についてです。 飛行機は急には曲がれません。 曲がると決めて旋回を始めて90°変針した時にどれくらいの旋回半径となるのでしょうか。 また、飛行機の旋 …