ここだけのパイロットの話

【名言シリーズ~その2~】産まれてくるのが3秒遅かった件

投稿日:09/08/2020 更新日:


Jです。

 

今回ですけども、初めてのフライト課程で体験したとある教官の名言(迷言)についてです。

航空大学校のとある名物教官と乗った時の話です。

その教官は面白くて有名な教官でした。

 

訓練内容

帯広課程で初めて飛行機で空を飛ぶわけなので、初めからうまくできるわけがありません。

帯広課程のはじめでは最も基本的なことから練習します。

それは飛行機の高度と速度と針路を維持する練習です。

例えば、高度4000ftであれば、ずっと4000ftで飛べるように練習します。

はじめはうまくいきません。4000ftで飛びたくても3900ftになってしまったり4100ftになってしまったりします。

スピードも110ktで飛びたくても120ktになってしまったり100ktになったりします。

 

ポイントはズレにいかに早く気づくか

例えば4000ftを飛ぶ訓練をするときに、はじめは下手なので3900ftになってしまったりします。

訓練をしていくうちにそのズレが3950ftになり、3980ftになり、最終的にはほとんどズレなくなっていきます。

飛行機の操縦は修正操作の連続です。

いかにズレに早く気づき、修正操作を行うかがポイントです。

ズレに早く気づける人が操縦がうまい人です。

きっと教官もそれが言いたかったんだと思います。

 

気づくのが遅い人への指導こんな感じ

ある日のフライト、やはり望んだ高度・スピードからズレてしまいます。

ズレに気づくのも遅かったせいか高度・スピードのズレも大きかったです。

 

教官「高度!!ズレてるぞ!!」

 

学生「はい!修正します!」

 

教官「今度はスピードズレてんぞ!」

 

学生「はい!」

 

教官「○○、気づくのが3秒おせーんだよ!」

 

学生「すみません!」(またズレる。すぐ気づかない)

 

教官「だーかーらー、気づくの3秒おせーんだよ!生まれてくるのが3秒おせーんだよ!母ちゃんに3秒早く産んでくださいって言っとけ!!!」

 

学生「はい!!」

 

教官「今、はいって言ったな?絶対言えよ」

 

学生「・・・・・・。」

 

こんな感じです。

今初めて文字に起こしましたが全く意味が分かりません。

当時はみんな必死でしたが、良い笑い話になっています。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

航空大学校の2次試験(身体検査)に健康でも落ちる理由

Jです。   今回ですけども、航空大学校2次試験の仕組みについて解説したいと思います。 もし航空身体検査を前もって自前で受けて問題なければ、本番の航空大学校2次試験の身体検査は大丈夫かという …

パイロットの訓練で苦労する人の5つの特徴

Jです。   今回ですけども、パイロットの訓練についてです。 以前にも述べましたが、会社に就職しただけでパイロットとして飛べるわけではありません。 会社で訓練をして審査に受かった人だけが、パ …

猫が寝ている図

舐めくさってる?試験前の過ごし方

Jです。   今回ですけども、試験前の過ごし方についてです。 パイロットになるまでには様々な試験を受けていかなければならず、なったあとも定期的に試験を受け続けなければなりません。 その試験当 …

【名言シリーズ~その1~】航大初めての担当教官からの言葉

Jです。   今回ですけども、僕が航空大学校時代に初めて担当していただいた教官から言われた言葉の中で、今も仕事に生きているものを紹介したいと思います。   僕の中での名言は結構ある …

Visual Approach(視認進入)について

Jです。 今回ですけども、最もシンプルにもかかわらず、奥が深くて難しいVisual Approach(ビジュアルアプローチ)について書きたいと思います。   アプローチ方式の種類 まずはAp …