ここだけのパイロットの話

【名言シリーズ~その2~】産まれてくるのが3秒遅かった件

投稿日:09/08/2020 更新日:


Jです。

 

今回ですけども、初めてのフライト課程で体験したとある教官の名言(迷言)についてです。

航空大学校のとある名物教官と乗った時の話です。

その教官は面白くて有名な教官でした。

 

訓練内容

帯広課程で初めて飛行機で空を飛ぶわけなので、初めからうまくできるわけがありません。

帯広課程のはじめでは最も基本的なことから練習します。

それは飛行機の高度と速度と針路を維持する練習です。

例えば、高度4000ftであれば、ずっと4000ftで飛べるように練習します。

はじめはうまくいきません。4000ftで飛びたくても3900ftになってしまったり4100ftになってしまったりします。

スピードも110ktで飛びたくても120ktになってしまったり100ktになったりします。

 

ポイントはズレにいかに早く気づくか

例えば4000ftを飛ぶ訓練をするときに、はじめは下手なので3900ftになってしまったりします。

訓練をしていくうちにそのズレが3950ftになり、3980ftになり、最終的にはほとんどズレなくなっていきます。

飛行機の操縦は修正操作の連続です。

いかにズレに早く気づき、修正操作を行うかがポイントです。

ズレに早く気づける人が操縦がうまい人です。

きっと教官もそれが言いたかったんだと思います。

 

気づくのが遅い人への指導こんな感じ

ある日のフライト、やはり望んだ高度・スピードからズレてしまいます。

ズレに気づくのも遅かったせいか高度・スピードのズレも大きかったです。

 

教官「高度!!ズレてるぞ!!」

 

学生「はい!修正します!」

 

教官「今度はスピードズレてんぞ!」

 

学生「はい!」

 

教官「○○、気づくのが3秒おせーんだよ!」

 

学生「すみません!」(またズレる。すぐ気づかない)

 

教官「だーかーらー、気づくの3秒おせーんだよ!生まれてくるのが3秒おせーんだよ!母ちゃんに3秒早く産んでくださいって言っとけ!!!」

 

学生「はい!!」

 

教官「今、はいって言ったな?絶対言えよ」

 

学生「・・・・・・。」

 

こんな感じです。

今初めて文字に起こしましたが全く意味が分かりません。

当時はみんな必死でしたが、良い笑い話になっています。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

飛行機の画像

パイロットになっても毎年毎年試験がある件。

Jです。 パイロットの仕事をする上でライセンス取得は絶対条件です。 実はパイロットの免許は1回取ったらずっと使えるような無期限のライセンスではありません。 毎年試験があり、合格し続けなければ乗務を続け …

パイロットって上空では何してるの?

Jです。 今回ですけども、【パイロットは上空で何してるの?】これに答えます。   【答え】地味な仕事をしている。 ①計器やシステムのモニター・操作 ②管制官と常に連絡を取り合いながら、指示が …

航空大学校過去問【2019年度(H31) 総合Ⅱ 解答・解説】

Jです。   航空大学校の過去問解説です。 他の年度の過去問解説もありますのでブログのカテゴリーの中の「航空大学校過去問解説」からチェックしてみてください。 毎年同じような問題なので傾向と対 …

その行為、飛行機から降ろされる!?機内での迷惑行為!航空法と絡めて解説!

Jです。   今回ですけども、飛行機の機内での迷惑行為について解説します。 珍しくパイロットっぽい専門的な記事になりました。 航空法でどのように規定されているのか。機長の法的権限について書い …

那覇空港【ROAH/OKA】

那覇空港の特徴 那覇空港は沖縄本島の南西部に位置し、日本屈指の大空港。 2020年3月に滑走路が1本増えて2本となった。 近くに嘉手納飛行場や普天間基地があり、それらの米軍の空域のせいで、民間機は不自 …