航空大学校入試情報 質問箱

航空大学校は独学で合格できますか?

投稿日:01/08/2020 更新日:


Jです。

 

今回ですけども、航空大学校受験が独学可能かどうかに答えます。

 

結論から言うと僕は「独学可能」だと思っています。

試験は理系有利ですが文系でも独学でいけます。

ちなみに、僕は独学で受験しました。

入学試験の体系と倍率を分析

航空大学校の試験は1次~3次試験まであります。

1次試験は筆記試験、2次試験は身体検査、3次試験は面接と操縦適性検査です。

倍率は1次試験で3倍、2次試験で2倍、3次試験で1.5倍で、合計9倍程度です。

2次の身体検査はどうしようもないので実質倍率4.5倍です。

ここ数年の倍率は??

入学年度
(回生)
定員 出願者数 1次試験 2次試験 3次試験 受験倍率
受験者数 合格者数 受験者数 合格者数 受験者数 合格者数
H28(63) 72 587 573 280 262 111 108 72 8.0
H29(64) 72 713 682 284 265 110 109 72 9.5
H30(65) 108 879 829 300 295 146 141 108 7.7
R1(66) 108 968 926 350 342 158 154 108 8.6
R2(67) 108 945 903 350 344 163 162 108 8.4

 

入学年度
(回生)
1次試験倍率 2次試験倍率 3次試験倍率
H28(63) 2.0 2.4 1.5
H29(64) 2.4 2.4 1.5
H30(65) 2.8 2.0 1.3
R1(66) 2.6 2.2 1.4
R2(67) 2.6 2.1 1.5

 

1次の英語・総合Ⅱの試験内容は高校までの知識で対応可能

1次試験の筆記試験の内容は総合Ⅰ(100点)・英語(リスニング込み)(100点)・総合Ⅱ(150点)の3科目です。

 

実は、総合Ⅱの試験の内容はほとんどが数学と物理です。

全25問のうち、20問以上が理系の問題です。

したがって、受験科目では理系の方が圧倒的に有利であると言わざるを得ません。

文系の人は物理の学習が必要になります。

 

しかし、内容は基本的な内容が多く広く浅くです。

 

物理も高校生までの内容で全て解くことができます。

旧帝大や難関私大の人は対策すら必要ないかもしれません。

それくらいの難易度です。

 

特に物理は、公式を当てはめて解くだけの計算問題が多いため、わざわざ予備校などに通うのはかえって効率が悪いです

過去問研究をして間違えた分野の内容を重点的に自分で学ぶのが1番効率がいいと思います。

英語についても大学受験で散々やっているわけなので、わざわざどこかに通って勉強する必要はありません。

航大に合格するための特別な訓練は必要ありません。

どのような問題形式でも英語は英語です。

意外に難しい総合Ⅰという科目

総合Ⅱばかりがピックアップされがちですが、総合Ⅰという科目があります。

いわゆるCABやGABという試験です。

ホームページによると「パイロットとして必要な判断・処理能力(計算処理,空間認識,確率,資料の読取等)及び自然科学の基礎的知識」を見るとのことです。

 

時間に対して問題の量が多く時間内に全ての問題を解くことができずに後半は適当にマークシートを埋めるだけ埋めた記憶があります。

1つ1つの問題は時間をかければ難しくない問題ですが、量が多かったです。

一目見て僕の能力ではこれは時間内に全部解くことは不可能で、おそらく他の受験者もそうであるはずと思いました。

 

したがって、解ける問題を丁寧に確実に得点していこうと心がけてください。

1通りやってみるのはいいと思いますが、本番は違う問題が出るわけなので「こんな試験なんだな」と問題の雰囲気を把握する程度でいいと思います。

問題の傾向的に対策するのには限界があるので配点が大きい総合Ⅱを勉強した方がよさそうです。

3次試験の面接と模擬飛行装置による飛行適性検査について

面接や飛行適性検査のためにお金を払ってどこかで対策することは、一切必要ありません

それは3次試験が1.5倍の試験だからです。

年によっては1.5倍を切っています。

 

さて、1.5倍の試験とはどういうものでしょうか?

1.5倍の試験とは落ちる人の方が少ない試験です。

明らかに落とすための試験ではありません。

つまり、目立つ必要はなく、悪いほうに目立たなければ必然的に合格できるのです。

 

それに面接は運の要素があり、ちょっと対策したからといってうまくいく保証はどこにもありません。

飛行適性検査も同じです。

ただの自己満足の気休めにしかなりません。

少し飛行操縦練習を行ってうまくなるなら僕たちはこんなに長い年月をかけて訓練していません。

 

忘れがちですが、合否は1次試験の得点と3次試験の得点の総合点で決まります。

1次試験で得点が取れたら最後まで有利です。

結局は最後まで1次試験の得点率が効いてきます。

不確実なことに時間とお金を割くくらいなら1次試験で少しでも点が取れるように勉強しましょう。


-航空大学校入試情報, 質問箱
-, ,

執筆者:

関連記事

パイロットになるにはどうしたらいいですか?方法を教えてください。

Jです。 今回ですけども、よく聞かれる質問【パイロットになるにはどうすればいいか?】これに答えます。 パイロットになりたい学生、子供をパイロットにしたい方は必見です。 実は世間が思っているほどハードル …

猫が寝ている図

いつ頃からモテますか?航大入ってから?パイロットになってから?

Jです。 「パイロットだからモテるでしょー」ということをよく言われます。特に男性から言われます。 この手の質問よく来るので記事にしてみました。   こういう時には「論より証拠」として、いつも …

傾向と対策!航空大学校1次試験総合問題Ⅱ

Jです。   今回ですけども、航空大学校の1次試験総合問題Ⅱの勉強方法について紹介します。 僕は過去某進学塾で高3担当の講師をしていたことがあり、このような受験問題を分析したことがあります。 …

パイロットって英語どのくらいできればなれますか?

Jです。 今回ですけども、パイロットの英語力について答えたいと思います。   【答え】 できなくてもなれる道はある。 パイロットになるためにどの道を選ぶかで必要な英語力は異なる。 具体的には …

お酒

飲酒問題!パイロットは泊まり先で隠れてお酒飲んでる?

Jです。 今回ですけども、質問【どうせ泊まり先で隠れてお酒飲んでるんでしょ?】これに答えていきたいと思います。 この質問内容は社会問題にもなり、多くのメディアで取り上げられたのでちょっと真面目に答えま …