ここだけのパイロットの話

ダラダラしろ!パイロットに必要な集中力とは

投稿日:15/08/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、パイロットに必要な「集中力」の話です。

パイロットとして乗務するにあたってどこでどのように集中力を発揮すべきかを書きたいと思います。

 

人間の集中力は長くて15分くらいしか持続しない

まず、人間の能力の限界について押さえておきましょう。

周りが見えなくなってしまうほどの強い集中力は長くて15分くらいしか持たないという説があります。

その強い集中力を仕事している間ずっと維持するのは人間の能力的に不可能です。

しかし、パイロットの仕事で15分で終わるフライトはほぼ無いでしょう。

一体どのように集中すれば良いのでしょうか。

 

求められるのはダラダラと長い集中力

「ダラダラ」という言葉の印象はどうでしょう?

僕は誰かに怒られたときによく聞いた言葉なので良い印象はありません。

事あるごとに「ダラダラするな」と言われてきましたが、そのダラダラが必要になるとはその時は思いませんでした。

航空大学校の時に教官に言われたのは「パイロットはダラダラした緩い集中力を切らさないことが大事」ということです。

離着陸では集中してもらわなければ困ります。

しかし、あとは100%の集中力を短時間発揮させるのではなく、30%くらいの集中力を何時間ももたせることです。

ぼーっとしているように見えてやることはきっちりやるということです。

しかし、訓練は別です。

訓練は100%の集中力を発揮させることが大事だと思います。

ダラダラすることはけっして悪いことではありません。

日常生活でダラダラするなと怒られたら、緩く長い集中力を鍛錬していると言い訳けしましょう。

 

緊急事態は違うスイッチが入る

もし緊急事態に陥ってしまったら、人間には死にたくないという本能がありますので必死になります。

日頃ボケーっとしている人でも人が変わったようにキレキレになるでしょう。

その時にはアドレナリンが出ていてすごい集中力を発揮します。

緊急事態の状況下でも思考が停止せずにアドレナリンが出てテキパキと行動できることはパイロットになるのに唯一必要な資質と言えるでしょう。

 

このように仕事の特性によって集中の仕方は様々です。

パイロットという職業は、大事なところとそうではないところのONとOFFの使い分けが特に大事だと思います。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

空港の風景

パイロット失業寸前??AI vs 人間

Jです。 今回ですけども、将来的にAIに仕事を奪われるかについてです。   日頃仕事で飛行機に乗れば乗るほど「飛行機作ったやつ天才」って思うわけですよ。 そもそもあんなに大きな鉄のかたまりが …

パイロットの能力は出身ソースによって違うのか?

Jです。 パイロットの出身ソースはたくさんあります。 「出身ソース」というのはそのパイロットがどこで教育を受けたかを意味します。 今回ですけども、出身ソースによって能力や、傾向に違いがあるのかを様々な …

那覇空港【ROAH/OKA】

那覇空港の特徴 那覇空港は沖縄本島の南西部に位置し、日本屈指の大空港。 2020年3月に滑走路が1本増えて2本となった。 近くに嘉手納飛行場や普天間基地があり、それらの米軍の空域のせいで、民間機は不自 …

航空大学校に入るのに大学中退でいいか、大学を卒業後入るべきか

Jです。 この記事はパイロットの学歴についてです。 航空大学校は大学2年終了見込みで受験できます。 大学在学中に合格したらそのまま航空大学校に進学することになりますが、そうすれば大学は中退となります。 …

飛行機の旋回半径!数式で理解する航空力学

Jです。   今回ですけども、飛行機の力学についてです。 飛行機は急には曲がれません。 曲がると決めて旋回を始めて90°変針した時にどれくらいの旋回半径となるのでしょうか。 また、飛行機の旋 …