ここだけのパイロットの話

航空英語能力証明~国際線パイロットになる条件とは~

投稿日:14/08/2020 更新日:


Jです。

 

今回ですけども、パイロットの航空英語能力証明のライセンスについてです。

国際線に従事するためには国家試験である航空英語能力証明の試験で一定程度のレベル以上取らなければいけません。

その内容とどのくらいのレベルなのか説明します。

 

国際線に従事できるのはICAO航空英語能力証明LEVEL4以上

航空英語能力証明はリスニングとスピーキングの試験であり、結果はLEVEL1からLEVEL6の6段階で評価されます。

初めにリスニング試験(7割で合格)があり、それにパスしなければスピーキングの試験(面接形式)に進むことができません。

実運航においての英語の運用能力を見るための試験であるため、リーディングとライティングはありません。

LEVEL 3以下:要するに不合格(国際線従事不可)

LEVEL 4:国際線乗務可(更新期間3年ごと)

LEVEL 5:国際線乗務可(更新期間6年ごと)

LEVEL 6:国際線乗務可(更新無し、永久ライセンス)

 

まず初めに、LEVEL 3以下は持っていても意味がないです。

国際線には従事できません。



LEVEL4以上取るために必要なこと

試験で見られるのは以下の6つのポイントです。

それぞれのLEVEL4に求められる基準を示しておきます。

 

①発音

LEVEL4:発音に若干のクセはあるものの、理解の妨げとなることは、時々しかないレベル。

②文構造

LEVEL4:基本的な文構造は使いこなすことが出来るレベル。

③語彙

LEVEL4:時々意味を確認する必要があるものの、一般的な話題や仕事上の話題に関しては意思疎通を出来るだけの十分な語彙を持っている。予期できない状況において語彙が足りない場合、適切な言いかえができて何とかして伝えることができるレベル。

④流暢さ

LEVEL4:意思疎通をじゃますることはない。余計な言葉はあるが、たいして気にはならないレベル。

⑤理解力

LEVEL4:仕事関連の話題については正確に理解でき、さらに不測の事態や複雑な状態でもほぼ正確に理解できるレベル。

⑥対応力

LEVEL4:通常時は迅速で適切かつ有効な応答をすることが出来るが、不測の事態が発生した場合に反応が遅くなることがあるレベル。

 

LEVEL4について(Operational LEVEL)

ほとんどの日本人パイロットがこのLEVEL4に当てはまります。

LEVEL4は英語は全くペラペラではありません。

外国に行って何とか支障なく英語で業務に従事できる最低レベルです。

したがって、まったく自慢になりません。

また、3年毎に試験を受けてライセンスを更新しなければいけません。

 

LEVEL5について(Extended LEVEL)

LEVEL5はペラペラではないがほぼストレスなく英語で自分の言いたいことを言えて航空業務にも支障がない状態です。

LEVEL4は3年更新でしたが、LEVEL5は6年毎の更新となっています。

 

LEVEL6について(Expert LEVEL)

1度LEVEL6と判定されるとその後更新が一切必要ないのが特徴です。

ほぼネイティブと言っていいでしょう。

level6に当てはまる人はほとんどが帰国子女もしくは父か母どちらかが英語圏のハーフの人です。

誰もがこのレベルには憧れています。

 

英語は海外では生命線です。

学生の時、もっと英語は勉強していればよかったと思います。








-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

航空無線アルファベット数字基礎の基礎

航空無線入門基礎の基礎、アルファベットや数字の読み方

Jです。   今回ですけども、航空管制で使うアルファベットの読み方についてです。 パイロットと管制官は無線で常にやり取りをしています。 主に使う無線の種類はVHF無線電話です。洋上であればH …

航空大学校からの就職活動は特別枠【就活】

Jです。 今回ですけども、航空大学校での「就活」についてです。 既に就職して会社から給料をもらって訓練をしている自社養成パイロットとは違い、航空大学校の在学生は学生です。 したがって、航空大学校の学生 …

パイロットの能力は出身ソースによって違うのか?

Jです。 パイロットの出身ソースはたくさんあります。 「出身ソース」というのはそのパイロットがどこで教育を受けたかを意味します。 今回ですけども、出身ソースによって能力や、傾向に違いがあるのかを様々な …

パイロットは競争しない。情報共有は必須

Jです。 今回ですけども、パイロット独特の文化についてです。 おそらくほとんどの組織と違う点は、パイロットの社会は競争社会ではないという点です。   情報共有の文化 パイロットは訓練の初期段 …

パイロットは理系と文系どっちが有利?

Jです。 よくある質問のひとつに答えます。 パイロットになるのに理系と文系どちらが有利かということです。   多いのは文系 パイロットには文系と理系両方います。 学部も様々です。 法学部・理 …