ここだけのパイロットの話

言ったら終わり??訓練中の禁句トップ3

投稿日:16/08/2020 更新日:


Jです。

パイロットになるまでには様々な訓練があります。

その途中でいろいろうまくいかないことも出てきて苦労すると思います。

教官も一人前のパイロットに育てようと必死なわけですから時には厳しい言葉をかけることもあるかもしれません。

僕は教官に対しても何事も素直に言うのが1番いいと思いますが、あまり言わないほうがいいことがあります。

禁句をランキング形式で紹介していこうと思います。

それを言ってしまったばかりに場合によってはパイロットとしての資質を疑われてしまう可能性があります。

 

訓練中に言うべきでない言葉:第3位
「○○に言われたからです」

第3位は教官に「なぜそうしたのか?」と聞かれたときに言ってはいけない言葉です。

パイロットの仕事は全てにおいて「根拠」をとても大切にします。

「マニュアルここに書いてあるから」「法律がこうなっているから」など訓練では全ての操作に根拠を求められます。

「誰かが言っていたから」「先輩にやったほうがいいと言われたから」というのは根拠にはなりません。

もしその人が間違っていたらどうなるのでしょうか。

人から言われたことは、良いと思ったことでもそのまま鵜呑みにせずにきちっと裏を取るのが重要です。

教官が違えば教え方が違います。他の教官に「〇〇教官に言われたから」という答えもNGです。

 

訓練中に言うべきではない言葉:第2位
「わかってます」

知らないことを指摘されて「わかってました」「知ってます」と知ったかぶりをするのはNGです。

そういう人はだんだんと教えてもらえなくなります。

パイロットの世界では知らないことを知らないと認めることはとても重要です。

試験では人格も見られます。

その人格とは謙虚さであったり、素直さのことです。

教官に言われたことはとりあえず「はいはい」と聞いておきましょう。

知らないことは素直に「知らない」でいいのです。

もちろん本当に知っていることは知っていると言いましょう。

 

訓練中に言うべきではない言葉:第1位
「頭が真っ白になりました」

これはパイロットの資質の話に関係してくるため、絶対に言わないようにしましょう。

パイロットは何があっても必要な行動をとり続けなければいけません。

飛行機は一度離陸してしまうと上空で止まることはできません。

頭が真っ白になっている間も飛行機は進み続けています。

緊急事態で頭が真っ白になってしまったら最悪の結果を招くことになるかもしれません。

 

どうでしたか?

このTOP3はあくまでも典型的な例ですが、人によって地雷は違います。

変な人もいるのでそういう人は時には聞き流すのも重要です。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

猫が寝ている図

オンとオフの切り替え方!休日は全力で休むことに専念すべし

Jです。   今回ですけども、パイロット(というか僕の)のオンとオフの切り替え方についてです。 昔、航空大学校に入学したときに先輩に「パイロットはオンとオフの切り替えが大事」と言われたことが …

パイロットとして知覧の特攻平和会館に行ったら、、、泣けた

Jです。 今回ですけども、知覧の特攻平和会館についてです。 特攻隊として出撃していったパイロットのことを考えるといろんな感情が生まれてきました。   知覧特攻平和会館とは 行ったことがない人 …

パイロットは運転手ではない。パイロットの仕事の本質とは?

Jです。   皆さんパイロットの仕事と聞いてどのような内容を思い浮かべるでしょうか? 多くの人がパイロットは飛行機の運転手であるから「飛行機の操縦」が主な仕事だと思っていると思います。 &n …

パイロットの免許(事業用操縦士)でできること、できないこと

Jです。   今回ですけども、パイロットのライセンスである「事業用操縦士」のできること、できないことについてです。 この内容は試験に出ます(笑)   事業用操縦士の業務範囲 パイロ …

パイロットの能力は出身ソースによって違うのか?

Jです。 パイロットの出身ソースはたくさんあります。 「出身ソース」というのはそのパイロットがどこで教育を受けたかを意味します。 今回ですけども、出身ソースによって能力や、傾向に違いがあるのかを様々な …