ここだけのパイロットの話

パイロットの世界は美しき譲り合いの精神でできている笑

投稿日:


Jです。

パイロットという職業の良いところのひとつを紹介します。

それは職場の環境です。

どのような環境かというと一言で言うと「競わない」ということです。

これについて詳しく書いていきたいと思いますのでパイロットを目指す方は参考にして頂けると幸いです。

 

評価システムは絶対評価

まずパイロットの評価システムは絶対評価です。

パイロットは6カ月に1度審査に合格しなければ乗務することはできません。

その評価のシステムは絶対評価です。

他人と比べられることはありません。

したがって自分の持っている有益な情報やスキルを他人に提供するということが自然に当たり前になっています

他人との戦いではなく自分との戦いなのです。

 

絶対評価のシステムは安全性の確保に欠かせない

この絶対評価は実は安全性の向上に寄与しています。

 

例えば大学受験のことを考えてみてください。

受験は相対評価です。

相対評価は絶対に競争が起こります。

そうすると自分が受かるためには有益な情報は自分1人が持っていた方が有利です。

 

飛行機を運航する上で、競争が起こることが安全性を下げる理由が分かると思います。

1人が安全にかかわる情報を他人に教えず自分だけ持っていたらどうでしょうか?

 

絶対評価のシステムだからこそ積極的に他人に情報共有をすることができるのです。

 

同期とは一生の付き合いになる

絶対評価なので同期との争いも起こりません。

自分が頑張ればいいのです。

一緒に副操縦士に昇格して、一緒に機長に昇格して、最後は一緒に定年退職します。

僕は航空大学校出身なので、同期とは20代前半からの付き合いとなります。

ずっとお互いに助け合って知識や技術を高め合っていきます。

時には人生相談をしたりといった関係性になっていきます。

 

また、機長になると、教官や査察などの役職がつくこともありますがどっちが上とか下とかないのでとても平和です。

知り合いに前職が証券会社でパイロットになった人がいるのですが、職場環境は天国だと言っていました。

ノルマも無いし、みんなで助け合う環境が良いそうです。

唯一のノルマは半年に1度審査に合格することですが。

 

パイロットの管理職は存在するが・・・

パイロットの管理職(部長など)は存在します。

 

あれ?じゃあ出世争いはやっぱりあるんじゃんと思いきや実は裏があります。

 

実は管理職には誰もなりたくありません

 

理由は簡単です。

管理職になると会議などの地上勤務が増えてフライトがなくなるからです。

パイロットになった人の100%は空を飛びたくてパイロットになっています。

しかも、フライトが減るということはフライトの手当も減るということです。

会社によっては部長の手当よりもフライト手当の方が高い場合もあるそうです。

 

要するに誰も出世したくないので出世争いは起こらないということです

 

むしろ、美しき譲り合いの精神(ただの押し付け合い笑)が発揮されます。








-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

One Engineの力学

飛行機エンジン故障時の航空力学!どこよりも分かりやすく解説

Jです。   今回ですけども、飛行機のエンジンについての話です。 飛行機は2つあるエンジンが1つ故障してももう1つのエンジンで安全に飛行をし、着陸することができます。 ひとつのエンジンになる …

パスポートの写真

国際線パイロットのパスポートは出入国のスタンプだらけなんですか?

Jです。 今回ですけども、パイロットのパスポートについての質問に答えていきたいと思います。 よく聞かれる質問です。   旅行した時にはパスポートにスタンプ押されるけど、これパイロットも毎回押 …

空港の風景

パイロット失業寸前??AI vs 人間

Jです。 今回ですけども、将来的にAIに仕事を奪われるかについてです。   日頃仕事で飛行機に乗れば乗るほど「飛行機作ったやつ天才」って思うわけですよ。 そもそもあんなに大きな鉄のかたまりが …

航空大学校からの就職活動は特別枠【就活】

Jです。 今回ですけども、航空大学校での「就活」についてです。 既に就職して会社から給料をもらって訓練をしている自社養成パイロットとは違い、航空大学校の在学生は学生です。 したがって、航空大学校の学生 …

ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approach!視程がほぼ無くても大丈夫

Jです。   今回ですけども、航空の専門的な話です。ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approachについてです。 なんのこっちゃと思うかもしれないので説明していきます。 & …