ここだけのパイロットの話

パイロットという職業の良いところ3つ挙げてみた

投稿日:17/07/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、パイロットをやってみて思ったこの仕事の良いところを紹介します。

パイロットの仕事は、試験が多く勉強量も膨大なので大変なイメージですが、いいところがたくさんあります。

 

僕は以下の3点が良いと思っています。

 

①仕事が1便1便で完結する

何と言ってもONとOFFがはっきりしているところが魅力です。

自分の担当便が終わればその日の仕事は完結します。仕事を家に持ち帰ることはありません。そして、次の仕事はまた新しい気持ちで仕事に臨むことができます。

それに一連の勤務ごとに毎回フライトのクルーが変わるのでその点においても新しい気持ちで仕事に臨むことができます。

組織上、上司(パイロット)・部下(パイロット)はいるのですが、それぞれがフライトをしているので通常はお互いが顔を合わせることはありません。従って、職場の煩わしい人間関係は一切ありません

 

②裁量が大きい

自分の好きなように仕事ができるのがとてもいいと思います。これはやりがいに繋がります。

パイロットの仕事は機長と副操縦士の2人で飛行機を飛ばします。従って、飛行機のドアが閉まってしまうと機長はその現場のNo.1であり、副操縦士はNo.2です。

いくら経験が少ないパイロット機長・副操縦士であろうが乗務した以上、2人にはそのフライトの安全に関して全責任があります。飛行機のドアが閉まってしまったら会社と無関係にパイロットがその便に関する全ての判断を行います。

たとえ社長でも口出しはできません

 

③何にも邪魔されず自分の技量向上に純粋に向き合える

フライトはほとんどの要素が自然相手です。当然そのフライトで起こること全てを予想することはできません。その日の天気に応じたフライトの組み立てが重要です。

同じ天候が2度とないので当然フライトも2度とありません。初めて起こることに対して、経験と知識でうまく対応していかなければなりません。

それが、パイロットの仕事の難しさであり、楽しさ、やりがいでもあります。

そして、簡単にできないからこそみんな努力してよいフライトができるように純粋な気持ちで自分の腕を磨いていきます

パイロットにはしがらみも社内政治もありません。自分の仕事に打ち込むことができます。同期をはじめ、先輩も後輩も全員が仲間であり共に切磋琢磨できる環境です。

出世に全く興味がなく、フライトだけをしていたい人が多いのもこの仕事の大きな特徴です。

 

 

どうでしたか?大変なことばかりではありません。いいところがこんなにあるのでぜひとも目指してください。

 


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

パイロットの審査の仕組み!!チャンスは2回!!

Jです。 今回ですけども、パイロットの試験の仕組みについてです。   パイロットの資格は国家資格です。 定期運送用操縦士、准定期運送用操縦士、事業用操縦士、計器飛行証明、限定変更等試験は避け …

ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approach!視程がほぼ無くても大丈夫

Jです。   今回ですけども、航空の専門的な話です。ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approachについてです。 なんのこっちゃと思うかもしれないので説明していきます。 & …

ダラダラしろ!パイロットに必要な集中力とは

Jです。 今回ですけども、パイロットに必要な「集中力」の話です。 パイロットとして乗務するにあたってどこでどのように集中力を発揮すべきかを書きたいと思います。   人間の集中力は長くて15分 …

航空大学校受験を考える人は大学・学部をどこにすればよいか?

Jです。 航空大学校を受験するためにはまずは大学に行かなければなりません。 大学はどこの大学、学部を選ぶべきなのでしょうか? 航空大学校で学ぶこと 座学課程 航空大学校の座学課程ではパイロットとして飛 …

言ったら終わり??訓練中の禁句トップ3

Jです。 パイロットになるまでには様々な訓練があります。 その途中でいろいろうまくいかないことも出てきて苦労すると思います。 教官も一人前のパイロットに育てようと必死なわけですから時には厳しい言葉をか …