ここだけのパイロットの話

パイロットは競争しない。情報共有は必須

投稿日:01/06/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、パイロット独特の文化についてです。

おそらくほとんどの組織と違う点は、パイロットの社会は競争社会ではないという点です。

 

情報共有の文化

パイロットは訓練の初期段階で同期と情報を共有してみんなで合格を目指すように口を酸っぱくして言われます。

この「情報共有」というのがパイロットにとって1番のキーワードです。

 

この情報共有が重要な理由は2つあります。

①安全度が増す

安全の観点から情報共有は必須です。

例えば、誰か一人がミスをしたとします。飛行機の操縦でのミスは訓練の段階では問題ありませんが、お客様を乗せて飛ぶプロになったら許されません。

その情報を他の仲間に共有することで仲間がミスしなくなり、結果として全体の安全性が高まることになります。

 

しかし、もしパイロットの世界が競争社会だったらどうなるでしょうか?

ひとりひとりが有益な情報をライバルに共有するでしょうか?

そうです、もし競争社会であったらライバルよりも自分が向きに出るために有益な情報を隠してしまう可能性が出てきます。

大げさに言うとそれでは空の安全が脅かされてしまうことに繋がります。

従ってパイロットの試験は全て絶対評価となっています。訓練・試験では決して誰かと比べません。

 

②訓練効率が上がる

訓練はお金がかかります。ですからあらかじめ訓練回数が決まっており、その回数で合格基準に満たなければパイロットになれません。

ある意味平等ですが、限られた訓練回数の中で審査合格基準になるためには自分1人の経験ではあまりにも少なすぎます。そこで、仲間と情報共有してその仲間の経験も自分のものにすることによって規定内の訓練回数で合格することが可能になります。

同期がいればいるほど経験の数が多くなるため有利になります。

 

パイロットの訓練は個人ではなく同期全体で評価される

パイロットになるための訓練では審査は個人個人の絶対評価なのですが、訓練においてはその同期全体で評価されることが多いです。

まとまりが良ければ「あの期は優秀」となりますが、まとまりが悪ければ「あの期は出来が悪い」となります。そして、そういう事前情報・印象は審査官にも伝わり、まとまりが悪い期では訓練に失敗する人が多くなる傾向にあります。

逆に優秀な期だという印象があれば審査で多少失敗しても大丈夫なことがあります。人間が人間を見るわけなのでそういう先入観は意外に大事だったりします。

例えば10人同期がいたとして[1人が100点、7人が90点、2人が65点のグループ]と、[10人が80点のグループ]があったとすると、後者の[10人が80点のグループ]の方が良いグループとして見られます。

まとまりのある良いグループとして見られると全体として訓練がスムーズにいく傾向にあります。

 

このようにパイロットの世界は独特の文化があり、それまでは大学試験・入社試験の競争を勝ち残ってきた人にとって見れば180度違う概念で最初は戸惑うこともあるかと思います。

個人的にはとても平和な文化で気に入っています。

 


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

パイロットの訓練でフェイルする予兆3つ!いきなりフェイルすることはない

Jです。 パイロットになるまでには様々な試験があり、それをひとつひとつクリアしていかなければなりません。 フェイルしてしまうんじゃないかという不安に襲われることもあります。 ※フェイル:パイロットの訓 …

パイロット採用の面接で何を見てるんですか?

Jです。   今回ですけども、質問【パイロットの採用面接で何を見ているんですか?】これに答えていきます。 パイロットの採用では面接官に必ず現職のパイロット(機長)が含まれます。何を見ているの …

英語の最短の上達方法[急がば回れ]

Jです。 「英語ってどうやって勉強してますか?」という質問はめちゃくちゃよく聞かれます。 今回ですけども、英語の勉強法について答えていきたいと思います。   1番大事なのは発音 英語を勉強す …

パイロットは理系と文系どっちが有利?不利?

Jです。 よくある質問のひとつに答えます。 パイロットになるのに理系と文系どちらが有利かということです。 事実として多いのは文系 パイロットには文系と理系両方います。 学部も様々です。 法学部・理学部 …

航空大学校の卒業時期と就職・入社時期の関係

Jです。 今回ですけども、航空大学校から航空会社への就職時期についてです。 一般的な就職は4月ですが、航空大学校の場合はかなり独特になっています。 航空大学校の入学式は年4回ある 当然ですが航空大学校 …