ここだけのパイロットの話 質問箱

パイロットに向いている人ってどんな性格の人ですか?

投稿日:25/05/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、質問【パイロットに向いている人はどんな性格の人ですか?】これに答えます。

 

【答え】向いている人の具体的特徴を上げるのは難しい。でも向いていない人の特徴はあるのでそれに当てはまらなければOK。

 

これはかなり難しい質問です。実はパイロットという職業はこういう人は向いているというのがないのです。

しかし、僕は向いていない人は確実に存在すると思います。というわけで、向いている人の特徴はあまり答えられないので、どういう人が向いていないかを答えることにします。

 

パイロットに向いていない人3つの特徴

①勉強が大嫌いな人

パイロットはなった後も一生勉強の職業です。その量は膨大です。

半年ごとに資格維持の試験があり、それに合格し続けないと乗務することができません。勉強が好きである必要はありませんが、大嫌いな人はパイロットになったとしても辛いだけだと思います。

 

②パイロットにそんなに興味がない人

これは特に重要です。

このタイプの人はなんとなくカッコいいから受けたら採用された人や就職活動の数ある職種のひとつで受けたらたまたま受かったような人に多いです。ふわっとした理由で受けた人はその時はうれしいのですが、のちのち辛いことになる可能性があります。

パイロットの訓練は楽しいことよりもつらいことの方が多くあります。飛行機に興味がなかったり、特になりたくない人は勉強するモチベーションが沸かず、やっていても辛いだけだと思います。

初めは興味がない人でも勉強するうちに好きになってくれば良いのですが。

 

③真面目過ぎる人

僕はこの項目が最重要だと思っています。

このタイプの人は高学歴の優秀な人に多いと思います。パイロットになるまでに勉強しなければならない項目は膨大です。大学受験の範囲よりもかなり多いです。

さらに、勉強だけではなくパイロットになるためには乗り越えなければならない難関がいくつもあります。そして時には理不尽なことにも直面することがあります。

真面目過ぎる人は全てを自分で抱えて、全てを真に受けて、潰れてしまうと思います。ある程度の開き直りや辛い経験もネタにして笑い飛ばすというような対処ができることが必要になります。

 

一見ハードルが高そうな職業に見えますが、そんなことはありません。

この上記の条件に当てはまらなければ向いていると思っていただいて構いません。

僕の経験上、向いていない人は全体の1割くらいだと思います。実際に訓練で失敗してパイロットになれない人の割合も1割ですのでなかなか正しいかと思っています。








-ここだけのパイロットの話, 質問箱

執筆者:

関連記事

パイロットの仕事は規程を守ることではなく乗員乗客を守ることです

Jです。 今回ですけども、パイロットの仕事の一面を紹介します。 それは規程のお話です。 ピンとこないかもしれませんがパイロットの仕事は規程に則って行われます。 飛行前準備から飛行後の業務まですべて規程 …

パイロットになるにはどうしたらいいですか?

Jです。 今回ですけども、よく聞かれる質問【パイロットになるにはどうすればいいか?】これに答えます。 パイロットになりたい学生、子供をパイロットにしたい方は必見です。   実は世間が思ってい …

パイロットって泊まり先ではどのようにして過ごしていますか?

Jです。 今回ですけども、質問【パイロットって泊まり先ではどのようにして過ごしていますか?】これに答えていきたいと思います。 泊まり先での過ごし方はよく聞かれます。   【答え】その地の観光 …

航空大学校合格に必要な偏差値はいくら?

Jです。 よく質問されることに答えていきます。 航空大学校に合格するために最低限必要な偏差値についてです。 この質問に答えるには実は少し難しいのです。 データが無さ過ぎるからです。   一般 …

航空大学校過去問【2019年度(H31) 総合Ⅱ 解答・解説】

Jです。   航空大学校の過去問解説です。 他の年度の過去問解説もありますのでブログの「航空大学校過去問解説」からチェックしてみてください。 毎年同じような問題なので傾向と対策は立てやすいか …