ここだけのパイロットの話

パイロットになっても毎年毎年試験がある件。

投稿日:28/01/2022 更新日:


Jです。

パイロットの仕事をする上でライセンス取得は絶対条件です。

実はパイロットの免許は1回取ったらずっと使えるような無期限のライセンスではありません。

毎年試験があり、合格し続けなければ乗務を続けることができないのです。

毎年受ける定期審査

審査時期

審査を受ける月は人それぞれです。基本的にはライセンスを取得した月よりも少し早めに受けることになります。

その月が真冬の人は毎年大雪の中審査を受ける可能性があります。真夏の人は台風に当たることがあります。

不公平に見えますよね。しかし、パイロットの試験というのはそんなもんです。

基本的に個人個人で毎月同じ時期に受けるので、運が悪い人は毎年台風に当たっていたり、大雪に当たっていたりしているような気がします(笑)

審査内容

審査の内容は「口述審査」「実技審査」です。

ライセンスを取るときの試験で必要な知識・技量はすでに持っているという前提です。

したがって、口述審査では主に規程類の最近の変更点について聞かれます。

日々新しくなる基準や規程などの知識を常に最新の状態に保っているかどうかが問われます。日々知識をアップデートしていくことは非常に大事です。

実技についてはシミュレーターであれば技量そのものを、路線審査であれば何事もなく目的地まで安全に通常運航できるかどうかを見られます。

合否ですが、ほとんどの人はプロとして自分でしっかり知識・技量を管理しているので落ちることはありません。

落ちるときはよっぽどです。

初めにライセンスを取るときのほうがはるかにきついです。

毎年受ける身体検査

年に1回身体検査を受けて合格しなければライセンスを持っていたとしても乗務することはできません。

どれだけ知識・技量がすごくても乗務できません。

そういった意味ではこの身体検査が1番重要です。

次の1年働けるかどうかがかかっているので人によっては身体検査の日の1ヵ月前からお酒を制限したり、食事を気を付けたりしています。

年を重ねれば重ねるほど、いろいろな数値が上がってきたり、体に不具合が出てくるので日頃の食生活や過ごし方が大事になってきます。

まとめ

・定期審査で年に1回ライセンス更新
・内容は口述審査と実技審査
・航空身体検査は毎年に1回更新が来る

 

そういうわけで健康面も気を使わなければなりませんし、知識についても定期的に勉強しなければなりません。

ちなみに試験範囲がないのでやろうと思えば無限にできてしまいます。

どの職種もそうですが、「日々勉強」というのはパイロットにも当てはまるということですね。

定年まであと何十回も受けないといけない・・・。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

パイロットの審査の仕組み!!チャンスは2回!!

Jです。 今回ですけども、パイロットの試験の仕組みについてです。   パイロットの資格は国家資格です。 定期運送用操縦士、准定期運送用操縦士、事業用操縦士、計器飛行証明、限定変更等試験は避け …

火山灰(Volcanic Ash)の危険性!飛行機にとっては致命的

Jです。   今回ですけども、飛行機と火山灰についてです。 日本は世界的に見ても多数の活火山を有する地帯です。 飛行機を運航する上で火山灰は天敵です。   火山灰の成分について 火 …

航空大学校の卒業時期と就職・入社時期の関係

Jです。 今回ですけども、航空大学校から航空会社への就職時期についてです。 一般的な就職は4月ですが、航空大学校の場合はかなり独特になっています。 航空大学校の入学式は年4回ある 当然ですが航空大学校 …

飛行機の画像

航空業界、コロナでどう変わったか?パイロット編

Jです。 世界中で新型コロナウイルスが蔓延してはや1年半が過ぎました。 飛行機を飛ばすというパイロットの仕事そのものは変わりませんが、環境は大きく変わりました。 どう変わったのか書いてみました。 大き …

【名言シリーズ~その2~】産まれてくるのが3秒遅かった件

Jです。   今回ですけども、初めてのフライト課程で体験したとある教官の名言(迷言)についてです。 航空大学校のとある名物教官と乗った時の話です。 その教官は面白くて有名な教官でした。 &n …