ここだけのパイロットの話

Speed Brakeの効果について

投稿日:18/07/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、少し専門的な内容です。Speed Brake Systemについてです。

 

下の写真をご覧ください。

これは飛行機が着陸した直後の飛行機の翼の上の写真です。

飛行機が着陸するとこのように翼の上の数枚のSpoiler(スポイラー)という部分が翼の面に対して垂直に開きます。

 

 

ここでみなさんに問題です。

 

 

「止まるため」という答えは不可とします(笑)

止まるために開くのは正しいのですが、ここではSpoilerが立つと何がどうなるのか考えてください。

 

よくある解答が「進行方向に対し、Spoilerを垂直に立てることで空気抵抗を増やして減速する」というものです。

そう思った人は残念ながら間違いです。

 

飛行機が上空にいる時なら速度が大きいので空気抵抗によって減速することができますが、着陸後の低速度では空気抵抗の影響は小さく空気抵抗による減速の効果はありません。

 

では、なぜ開くのでしょうか?

 

それは、翼に発生する揚力を減らすためです。

飛行機の翼の上に空気が流れることによって揚力が発生します。Spoilerが立つことで翼の上部の空気の流れが妨げられて揚力は激減します。

 

では揚力が無くなるとどのようなことが起こるでしょうか?

下の図で簡単に説明します。

飛行機に働く力は鉛直方向では揚力L、垂直抗力N、そして重力mgです。飛行機が止まるための摩擦力Fは後ろ向きに働きます。

この摩擦力Fは垂直抗力Nに比例します。F=μN=μ(mg-L)となり揚力Lが減れば減るほど摩擦力Fは大きくなることが分かります。

最終的に揚力が無くなることで飛行機の全重量が車輪にかかる(N=mg)ことになります。

 

つまり、地面との摩擦力が増えて飛行機が停止しやすくなるのです。

 

「Spoilerが立つとどういう効果があるのか?」という問いの答えは

「揚力を減らしてブレーキの利きを良くするため」でした。

 

これからも飛行機の豆知識的なものがあれば紹介していきます。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

航空大学校の卒業時期と就職・入社時期の関係

Jです。 今回ですけども、航空大学校から航空会社への就職時期についてです。 一般的な就職は4月ですが、航空大学校の場合はかなり独特になっています。 航空大学校の入学式は年4回ある 当然ですが航空大学校 …

ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approach!視程がほぼ無くても大丈夫

Jです。   今回ですけども、航空の専門的な話です。ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approachについてです。 なんのこっちゃと思うかもしれないので説明していきます。 & …

パスポートの写真

国際線パイロットのパスポートは出入国のスタンプだらけなんですか?

Jです。 今回ですけども、パイロットのパスポートについての質問に答えていきたいと思います。 よく聞かれる質問です。   旅行した時にはパスポートにスタンプ押されるけど、これパイロットも毎回押 …

都心飛行ルートに反対??羽田の離着陸経路

Jです。 今回ですけども、飛行機の都心飛行ルートについてです。   「都心飛行ルート反対!!」というのをテレビで見たことがあるので書いてみました。 本当に反対すべきことなのでしょうか? 見て …

飛行機は自動操縦で着陸できる[Auto Landing]

Jです。   今回ですけども、飛行機のシステムについてです。 これはあまり知られていないかもしれませんが、飛行機は自動操縦で着陸できます。 これってよく考えてみればすごいことだと思いませんか …