ここだけのパイロットの話

GPWS鳴ったらお仕置き不可避

投稿日:11/08/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、GPWS(ジーピーダブルエス)についてです。

GPWSは(Ground Proximity Warning System)の略です。

漢字で書くと対地接近警報装置です。

GPWSとは飛行機に載っている機器の機能の1つで、万が一何らかの理由で地面に近づいてしまったときにパイロットに警報を鳴らす装置です。

航空運送事業に使用する飛行機にはGPWSの装備が法律で義務づけられています。

飛行機が山などに近づくと初めの方は注意喚起の“Terrain”というメッセージが出るのですが、それでもパイロットが対応しないとそのうち“PULL UP”という警報が鳴ります。

 

鳴らさないようにオペレーションするのが1番大事

GPWSが鳴るというのは非常事態であり、鳴った時点で飛行機は危険な状態にあるということを示しています。

1番聞きたくない音の1つです。

管制官の指示を間違って降下し過ぎたか、飛行経路を間違えた時などに山に近づいてしまうとGPWSが鳴ります。

初めから飛行機をそのような危険な状態に持っていかないようにするのが重要です。

 

山の近くに滑走路がある空港では鳴ってしまうことがある

GPWSの精度は昔に比べると格段に高性能になっており、一昔前では鳴らなかったような微妙な地形にも反応するようになっています。

その技術の進歩は素晴らしいのですが、いいことばかりではありません。

降りようとする滑走路に対して、正常な進入をしていたとしても微妙な地形に反応して警報が鳴ってしまうことがあります

パイロットからしたら、山も見えていて正常にアプローチをしているのに警報を鳴らされて「わかっとるわ!!」と言いたくなります。

GPWS警報装置は飛行機が山にぶつからないためにあるわけなので、そのような通常運航で鳴っても意味がありません。

大抵のパイロットは正常な時に鳴ったとしても、そのまま進入を継続して着陸します。

 

GPWSが鳴ったら怒られる

日本の航空局(CAB)は思考停止の集団で基本的には0か10かの政策しかできません

本当に山に近づいて危なかった事例と、空港の地形特性で鳴ってしまった事例は全く違うのですがどちらもアウトです。

こちらとしては同じように扱われるのは心外です。

とにかくいかなる状況でもなったらアウトなのです。

したがって、日本のパイロットはどんなに分かりきった地形・山に対しても、GPWSがとにかく鳴らないように気を付けるという本末転倒なオペレーションをしています。

例えば伊丹空港のRWY14RのCircling Approach福岡空港のVisual Approach RWY34ではいったん山に自ら近づかなければ降りることができません。

そのfinal turnまでの過程で前方の山をシステムが拾ってしまい、警報を発してしまうことがあります。

前方に山があり、そのまま何もしなければ墜落するという警報を発するわけですが、そのまま山まで突っ込んでいくパイロットがいるわけがありません。

その場合でもGPWSが鳴ったということで怒られます。

何とかならないものでしょうか。

 

合理的な組織運営をしてほしいものです。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

航空無線アルファベット数字基礎の基礎

航空無線入門基礎の基礎、アルファベットや数字の読み方

Jです。   今回ですけども、航空管制で使うアルファベットの読み方についてです。 パイロットと管制官は無線で常にやり取りをしています。 主に使う無線の種類はVHF無線電話です。洋上であればH …

航空大学校の卒業時期と就職・入社時期の関係

Jです。 今回ですけども、航空大学校から航空会社への就職時期についてです。 一般的な就職は4月ですが、航空大学校の場合はかなり独特になっています。 航空大学校の入学式は年4回ある 当然ですが航空大学校 …

航空大学校入試問題1次試験総合partⅡの傾向と対策!

Jです。 今回ですけども、航空大学校の1次試験総合問題partⅡの勉強方法について紹介します。 僕は過去某進学塾で高3担当の講師をしていたことがあり、このような受験問題を分析したことがあります。 その …

飛行機の旋回半径!数式で理解する航空力学

Jです。   今回ですけども、飛行機の力学についてです。 飛行機は急には曲がれません。 曲がると決めて旋回を始めて90°変針した時にどれくらいの旋回半径となるのでしょうか。 また、飛行機の旋 …

猫が寝ている図

いつ頃からモテますか?航大入ってから?パイロットになってから?

Jです。 「パイロットだからモテるでしょー」ということをよく言われます。特に男性から言われます。 この手の質問よく来るので記事にしてみました。   こういう時には「論より証拠」として、いつも …