ここだけのパイロットの話

ATCに慣れるまで!管制官に1度に4つも指示せんでくれって思った話

投稿日:24/06/2020 更新日:


Jです。

 

今回ですけども、ATC(航空無線)についてです。

ATCとは何か簡単に説明します。パイロットと管制官は常に無線でやり取りをしています。その時にやり取りする言葉は日本語でやり取りするわけではありません。航空無線用語でやり取りしています。それをATCと言います。

 

【ATCの例】

”turn right HDG 270、descend & maintain FL170”

⇒「右旋回で針路270度に向けて、17000ftまで降下してその高度を維持せよ」

”reduce speed 210kt”⇒「速度を210ktまで減速せよ」

”RWY 34R,cleared to land ,wind 070 at 10”

⇒「滑走路34R、着陸支障なし。風は070度から10kt」

 

こんな感じです。使っている単語は英語ですが、文法は英語ではありません。これがATCです。

 

管制官の指示は必ず復唱しなければならない

管制官からの高度、速度、針路の指示は必ず復唱しなければなりません。

管制官:”(便名)、turn left HDG 060、reduce speed 220kt”

パイロット:”turn left HDG 060、speed 220kt、(便名)”

 

一瞬で4つのことを覚えるのは慣れが必要

人間の短期記憶には限界があります。

ところが、1度に3つも4つも指示を出してくる人がたまにいます。

いや、いいんです。いいんですけど、覚えるのが大変なんです。

一瞬気を抜くとどれかを忘れてしまいます。

パイロットは無線だけやっているわけではなくて他のこともやっているので・・・。

管制官:”(便名)turn right HDG 090、descend & maintain 12000、reduce speed 210kt、QNH29.86”

パイロット:”right HDG 090、maintain 12000、speed・・・えー、say again”

 

このようなやり取りは日常茶飯事です。わからなければ聞き直せばいいので安全には支障はありません。

訓練の時には慣れていないのでこんなに言われると覚えられず何度も聞き直していました。今でもたまにわからなくなることがあります。


-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

不景気でもパイロット採用だけは無くなっていない理由

Jです。 今回ですけども、不景気でもパイロットの採用が無くなっていない理由を説明したいと思います。 パイロットはすぐには育たない 飛行機について素人の人をパイロットに育て上げるまではかなりの時間がかか …

飛行機の旋回半径!数式で理解する航空力学

Jです。   今回ですけども、飛行機の力学についてです。 飛行機は急には曲がれません。 曲がると決めて旋回を始めて90°変針した時にどれくらいの旋回半径となるのでしょうか。 また、飛行機の旋 …

ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approach!視程がほぼ無くても大丈夫

Jです。   今回ですけども、航空の専門的な話です。ILS CategoryⅡ・Ⅲ(CATⅡ・Ⅲ) approachについてです。 なんのこっちゃと思うかもしれないので説明していきます。 & …

飛行機の画像

安全の最後の砦!ゴーアラウンド!!!

Jです。   今回ですけどもゴーアラウンドについてです。 パイロットがゴーアラウンドをするのはいつなのか、ゴーアラウンドについてのスタンス、ある医師から言われた言葉について書いていきます。 …

【名言シリーズ~その1~】航大初めての担当教官からの言葉

Jです。   今回ですけども、僕が航空大学校時代に初めて担当していただいた教官から言われた言葉の中で、今も仕事に生きているものを紹介したいと思います。   僕の中での名言は結構ある …