ここだけのパイロットの話 質問箱

パイロットって泊まり先ではどのようにして過ごしていますか?

投稿日:25/05/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、質問【パイロットって泊まり先ではどのようにして過ごしていますか?】これに答えていきたいと思います。

泊まり先での過ごし方はよく聞かれます。

 

【答え】その地の観光地・特産品にできるだけ触れるようにしてる(人による)

 

早番と遅番の2つのステイパターンがある

まず、航空業界用語ですが、乗務後の泊まりのことを「ステイ」と言います。

国内線の乗務だと大きく分けて2つのステイパターンあります。

早番と遅番です。

早番:朝早くから仕事が始まるが終わりが早い

遅番:昼過ぎから仕事が始まり終わるのも遅い

この早番か遅番かでステイ先でできることが変わってきます。

早番は基本的には夕方には仕事が終わります。早いときは昼過ぎには仕事が終わるため、観光をしようと思えばすることができます。しかし、翌日が早いことが多いため、遅くまで飲食はできません。

逆に、遅番だと夜の9時ころまで仕事があることが多いです。そのため観光はできません。簡単にご飯を食べてホテルですぐ寝ることしかできません。翌日の仕事始めは遅めなのでそれまではゆっくり過ごせます。

 

自己責任の完全な自由時間

泊まり先の過ごし方ですが、大きく分けて2通りのパイロットがいます。ホテルから出て色々行く人ほとんど出歩かない人です。

僕は出歩く方の人です。意外にも仕事が終わったら結構疲れていたりするのでコンビニでご飯を買ったらホテルで過ごす人も多いですが、僕は多少疲れていたとしてもできる限り出歩こうと思っています。正直行きたくないときもありますが・・・

理由は、その土地の観光地・特産品に実際に触れることで人に聞かれたときにその話をすることができるからです。

例えば、知り合いに「今度ハワイに行くんだけど、おすすめのお店教えて?」と言われたときにいろいろいいアドバイスができる人になりたいと思っています。

いつもホテルにこもってるから何も知りませんでは少し会話が寒いですから。

聞いた話によると、CAさんはお客様から行先の特産品、おいしいお店を聞かれることが多いそうです。そういう時にいい情報をお客様にお伝えすることも接客の1つなので泊まり先で出歩いておいしいお店を見つけることも仕事の1つです。最近はいろいろ事情があり、出歩かない人がほとんどですが・・・。

僕はCAではありませんが理由はそれに近いです。


-ここだけのパイロットの話, 質問箱
-

執筆者:

関連記事

面接対策!受け答えのコツ

Jです。   今まで、航空大学校の入学試験、就職活動など様々な面接をしました。 今回ですけども、その経験の中で思った自分なりの面接での受け答えのコツを書きたいと思います。   対策 …

夜のフライトでコックピットから見えるものまとめ

Jです。   空の上は地上の光が無いので夜はとても暗いです。 そんな中でもコックピットから見えるものがいろいろあります。 今回は夜のフライトでコックピットから見える世界を紹介したいと思います …

計器飛行証明!雲に入るにも免許がいる

Jです。   今回ですけども、計器飛行証明というライセンスについてです。 エアラインパイロットとして飛ぶための必須のライセンスです。   航空大学校では最後の仙台課程で取得すること …

飛行機は自動操縦で着陸できる[Auto Landing]

Jです。   今回ですけども、飛行機のシステムについてです。 これはあまり知られていないかもしれませんが、飛行機は自動操縦で着陸できます。 これってよく考えてみればすごいことだと思いませんか …

なんでパイロットになろうと思ったの?【面接での定番の質問】

Jです。 今回は少し個人的な質問に答えます。 なんでパイロットになろうと思ったの?   これに答えていこうと思います。 これは航空会社の採用面接でもよく聞かれる質問です。航空会社の面接で僕も …