ここだけのパイロットの話 質問箱

パイロットって泊まり先ではどのようにして過ごしていますか?

投稿日:25/05/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、パイロットの泊まり先での過ごし方についての記事です。

泊まり先での時間のパターン

まず、航空業界用語ですが、乗務後の泊まりのことを「ステイ」と言います。

国内線の乗務だと大きく分けて2つのステイパターンあります。

早番と遅番です。

早番:朝早くから仕事が始まるが終わりが早い

遅番:昼過ぎから仕事が始まり終わるのも遅い

この早番か遅番かでステイ先でできることが変わってきます。

早番は基本的には夕方には仕事が終わります。早いときは昼過ぎには仕事が終わるため、観光をしようと思えばすることができます。しかし、翌日が早いことが多いため、遅くまで飲食はできません。

逆に、遅番だと夜の9時ころまで仕事があることが多いです。そのため観光はできません。簡単にご飯を食べてホテルですぐ寝ることしかできません。翌日の仕事始めは遅めなのでそれまではゆっくり過ごせます。

一般的には2種類に分かれる

一般論として泊まり先の過ごし方ですが、大きく分けて2通りのパイロットがいます。

ホテルから出て色々行く人ほとんど出歩かない人です。

色々出歩く人は旅行のように出歩いています。観光地を巡って、名物料理を食べてみたり、有名なお店で食事したり、様々な過ごし方があります。

出歩かない人は基本的にホテル周辺で過ごします。

ホテルで食べたり、食事は近くのスーパーで買ったり、近場で済ませたり、最近ではUber Eatsもあります。

昔と今の違い

一昔前はクルー全員で食事に行くのが当たり前だったようです。時には観光にも行っていたとか。

しかし、今は若い人を中心に外に出ない人が急増しています。キャプテンに誘われても断るそうです。時代を感じますね。

しかしながらこれには理由があります。僕もたぶんまだ若い方なので気持ちが分かります。

理由①:ステイ時間が減った

まずクルーで出ない一つ目の理由は「疲れるから」です。

あまり知らない人と時間を決めて何時間も食事に行くのは気を遣いますし疲れます。

昔は地方空港の運用時間も短かったため、比較的早めにホテルに入って、次の日遅めの出発ということがよくあったそうです。

しかし、昔に比べて便が増えて地方の空港も朝早くから夜遅くまでやるようになり、ステイの時間が物理的に減りました。
つまり、勤務パターンが昔に比べて余裕分が無くなったのです。

昔に比べて遅くホテルに着いて、早くに出発するということです。

下手したら夜ホテルに入って12時間ちょっとしたらもうホテルを出ないといけないことも珍しくありません。

そんなに時間がない中、クルーで食事したり、観光をしたら疲れを取る暇がないというのが最近の若者の言い分です。

国際線に行っても昔は2泊4日だったものが2泊3日になったりと何かと余裕が削られてきていて大変です。

理由②:アルコールに厳しい世の中になった

昔は車の飲酒運転は当たり前だったと聞いたことはないでしょうか。

航空業界は体育会系なので、昔はステイ先でクルーで食事に行くのは常識だったそうです。しかし、諸先輩方が色々やらかしまくった結果、今は乗務前アルコールチェックで検知されたら一発で解雇になってしまうほど厳しい世の中になりました。

したがって、そんなリスクを冒してまで飲みに行くということは無くなりました。もちろん、アルコールが禁止されているわけではないので乗務に影響しないように飲むことは悪いことではありません。

しかし、せっかくお酒を飲むのに量と時間を気にして飲んでも楽しくないので行く人は減ってきています。

また、アルハラ、パワハラなどのコンプライアンスにもうるさい世の中なので上司(キャプテン)が部下(FO)を誘うの自体を躊躇う空気もあります。

まとめ

上に書いた話は業界の一般論です。

さて、自分の過ごし方ですが、僕は時間があるときにはぶらぶらひとりで出かけるようにはしています。

有名な観光地に行ってみたりしますが、近くなければ行きません。

せっかくいろんなところに行っているのでその土地を知ることもこの仕事にとって大事だと思うからです。

疲れない程度にゆるゆるとやっております。

ただ、上に書いた理由からクルーで飲みに行くことはあまりしていません。


-ここだけのパイロットの話, 質問箱
-

執筆者:

関連記事

航空大学校3次試験で大事なことを解説

Jです。 今回ですけども、実際に受けた「航空大学校3次試験」に対する僕の見解を説明をしておこうと思います。 航空大学校の3次試験とは最終試験です。 これに受かれば航空大学校に合格です。 試験内容は面接 …

空港の風景

不景気になったらパイロットの採用は無くなりますか?

Jです。 今回ですけども、パイロットの採用についての質問です。 質問【不景気になったらパイロットの採用はなくなりますか?】 景気と採用の関係性ですね。よく聞かれます。 【答え】無くなる。不景気で採用が …

フライトレーダーを見たらあまりの飛行機の多さに愕然

Jです。 今回ですけども、意外に知られていない空の話です。 空は広くて飛ぶ場所は無限にあると思っていませんか? 車と飛行機どっちが自由だと思いますか? 実は、空は規則やルールでガチガチに固められていて …

航空無線通信士の試験は簡単!!

Jです。 今回ですけども、航空無線通信士の国家試験について書きたいと思います。 パイロットは無線を使います。 無線を使うにも資格が必要で「航空無線通信士」という資格が必須です。 航空大学校での訓練も当 …

飛行機の画像

日本と海外の管制の違い

Jです。 今回ですけども、日本と海外の管制官の違いについて書いていこうと思います。 管制官の仕事とは 管制官の仕事は飛行機を管制することですが、具体的には飛行機同士が衝突しないように間隔を取ることです …