ここだけのパイロットの話 質問箱

何で揺れていないのにベルトサインずっとついていることがあるの?

投稿日:11/06/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、質問【何で揺れていないのにベルトサインずっとついていることがあるの?】これに答えていきたいと思います。

 

これ、僕も思ったことあります。トイレに行きたいのにベルトサインがなかなか消えないことは良くありますよね。全然揺れていないのに何でベルトサインが消えないのかを解説します。

 

【答え】今揺れていなくてもこれから揺れる不安要素が存在しているから。

 

シートベルト着用サインのON、OFFは機長の裁量

まず、前提としてシートベルト着用サインのON、OFFの裁量は機長にあります。

OFFにするタイミングは誰がやっても同じになるわけではなく、同じ日の同じ天気でも機長が違えばタイミングは変わってきます。

したがって機長の天気の分析の技量でタイミングが違います。

 

シートベルト着用サインのON、OFFは安全に直結する判断

シートベルト着用サインの運用は1番難しいと言われています。

どれだけコンピューターによる数値予報が発達しても100%の予測はできません。またどんなにベテランの機長でも当然揺れる場所・高度を100%把握することはできません

 

安易にシートベルト着用サインをOFFにしてもし揺れに遭遇して誰かがけがをした場合、航空事故として自身の責任を問われてしまいます。

それだけは絶対に避けなければなりません。

 

しかし100%予測できないからといって、シートベルト着用サインを飛行中ずっとONにしておくとお客様はトイレにも行くことができず、快適性が損なわれます。これではプロの仕事とは言えません。

このさじ加減がとても難しいのです。

 

ベルトサインのON、OFFはプロ目線で見ると絶好の腕の見せ所

ベルトサインをON、OFFにするタイミングは機長の腕の見せ所です。

OFFにするためにはこの先大きな揺れはないという自分の中での根拠が必要になります。地上での天気の解析、実際に飛んでみての雲の形等、判断の材料はいろいろありますが絶対的なものはありません。自身の経験と合わせて総合的に判断するしかないのです。

自分の中で揺れるか揺れないか判断できないときは安全策を取ってONのままにしておくしかありません。

そういうわけなので機長の技量が1番現れると言っていいと思います。

 

理想は本当に揺れる時だけONにして、揺れないところではさっさとOFFにすることです。

 

それができればそれがお客様にとっては1番良いことになります。

機長になってからもより良い運航を目指して日々修業なのです。

 

PS:機内でお手洗いに行くときはお気をつけて








-ここだけのパイロットの話, 質問箱
-

執筆者:

関連記事

【常に最悪を想定して準備する】投資とフライトの共通点

Jです。 今回ですけども、投資とフライトの共通点についてです。 投資とフライトにはいくつもの共通点があります。 パイロットの習性のひとつ【常に最悪を想定して準備する】というところが特に投資の危機管理と …

連続離着陸訓練(タッチアンドゴー)!通称回転寿司

Jです。 今回ですけども、連続離着陸訓練(タッチアンドゴー)についてです。 連続離着陸訓練ですが、小型機・大型機を問わず行うパイロットにとって重要な訓練のひとつです。   空港の周りをぐるぐ …

フライトレーダーを見たらあまりの飛行機の多さに愕然

Jです。 今回ですけども、意外に知られていない空の話です。   空は広くて飛ぶ場所は無限にあると思っていませんか? 車と飛行機どっちが自由だと思いますか?   実は、空は規則やルー …

飛行機の離陸!!インターセクションデパーチャーって何?

Jです。 今回ですけども、パイロットがよくやるインターセクションデパーチャーについてです。 インターセクションデパーチャーの説明、メリット・デメリット、実際の運用がどうなっているかについて書いていきた …

飛行機の操縦ってどのくらい自動なの?【質問】

Jです。 今回ですけども、パイロットへの質問「飛行機の操縦ってどのくらい自動なの?」に答えます。これは今までもかなり多く質問されました。   【答え】決まり事として離陸は絶対に人間がやらない …