ここだけのパイロットの話

航空大学校の卒業時期と就職・入社時期の関係

投稿日:16/02/2021 更新日:


Jです。

今回ですけども、航空大学校から航空会社への就職時期についてです。

一般的な就職は4月ですが、航空大学校の場合はかなり独特になっています。

航空大学校の入学式は年4回ある

当然ですが航空大学校の入試は年に1回です。

合格者の定員は108名です。

しかし、訓練機の数は限られていますし1度に108名が飛行訓練はできないので4つのグループに分かれて入学します

108名を4で割ると27名です。

通常は27名ずつが6月、9月、12月、翌年の3月の4回(3カ月違い)に分けて入学します。

したがって、同じ入学試験を受けた人でも最初の6月入学と最後の3月入学では9カ月の差ができることになります。

卒業式、航空会社採用も年に4回ある

入学式が年に4回あるということは当然卒業式も年に4回(3カ月ごと)あります。

就職活動も各回期ごとにあるので、航空会社は年に4回採用活動を行っています。

航空会社の航大採用担当者は年に4回航大に来ます。

航空会社への入社時期について

会社にもよりますが、基本的には航空大学校を卒業したら速やかに入社することになっています。

一律4月入社ではありません。

(例えば11月に卒業したら12月に入社など)

したがって、一般の就職と違って中途半端な時期に入社になります。

早く卒業すれば早く入社することができるのです。

航空大学校に入学するのが早ければ早いほど入社も早くなります。

入学時期は希望は出せるが決めるのは学校側

早く入学した方が生涯年収も上がることから早めの時期は人気が集中しそうです。

入学時期は希望を出せます。

しかし、決めるのは航空大学校側です。

各回期の定員は27名なので27名に満たない場合は希望が通りますが、27名以上の希望があった場合全員が希望通りのタイミングで入学はできません。

その場合は、年齢が上の人が優先的に先の入学になると言われています。

年齢が下の人は後に回されがちです。

入学時期で訓練と就活に有利不利は全く無い

生涯年収は変わってきますが、入学してしまえば入学時期によって有利不利はありません。

しいて言うなら、訓練の季節が違うくらいです。

帯広に夏に行けば快適ですが、冬に行けばドカ雪で極寒(-30℃)というくらいです。

個人的な感想ですが、どの季節でも行けば楽しいです。

訓練や就職活動はそれぞれの回期ごとに同じように行われるので平等です。

まとめ

まとめると以下のことが言えます。

・就職の時期は年4回
・就職時期は航大の卒業時期による
・生涯年収は違ってくる
・航大入学の時期が訓練や就活で有利不利になることはない

 

以上です。


-ここだけのパイロットの話
-,

執筆者:

関連記事

訓練生へ~パイロットは訓練時間無制限であれば誰でもなれる~

Jです。   今回ですけども、エアラインパイロット(副操縦士)になるための訓練について思うことです。 僕はパイロットになるのに素質は特に必要ないと思っています。飛行機の操縦自体はそんなに難し …

面接対策!受け答えのコツ

Jです。   今まで、航空大学校の入学試験、就職活動など様々な面接をしました。 今回ですけども、その経験の中で思った自分なりの面接での受け答えのコツを書きたいと思います。   対策 …

パイロットの世界は美しき譲り合いの精神でできている笑

Jです。 今回の記事ではパイロットという職業の良いところのひとつを紹介します。 それは職場の環境です。 どのような環境かというと一言で言うと「他人と競わない」ということです。 これについて詳しく書いて …

火山灰(Volcanic Ash)の危険性!飛行機にとっては致命的

Jです。   今回ですけども、飛行機と火山灰についてです。 日本は世界的に見ても多数の活火山を有する地帯です。 飛行機を運航する上で火山灰は天敵です。   火山灰の成分について 火 …

飛行機は大きければ大きいほど良い

Jです。 突然ですけども、僕は飛行機は大きければ大きいほど良いと思っています。 飛行機には様々な機種があります。エアバス、ボーイングが2大メーカーですが、皆さんにも好きな機種はあるかと思います。 パイ …