ここだけのパイロットの話 質問箱

国際線で十何時間も何してるんですか?

投稿日:20/12/2020 更新日:


Jです。

今回もよくある質問に答えていきたいと思います。

国際線のフライトは時間が長いです。

そのフライト時間中上空で何しているかはよく聞かれます。

 

長距離国際線の上空でやること

さて、オートパイロットが操縦をしている中で、パイロットは何をしているのでしょうか?

以下に箇条書きで書き出してみました。

①計器、システムのモニター
②エンルートや近くの空港の天気
③揺れを回避するための策

こんなところです。

 

①計器、システムのモニター

これは国際線国内線関係なく常にやっています。

操縦はオートパイロットですが、そのシステムが正常作動しているかどうかを常に監視しています。

飛行機には様々なシステムがあります。

ハイドロ、電気、与圧、フライトコントロール、エンジン等全ての正常作動をモニターします。

また、何も起こらないときにも、もしエンジンが止まったらどうするか、もし急減圧が起きたらどうするかを考えています。

絶対に全てを機械任せにすることはありません

 

②エンルートや近くの空港の天気

飛行経路(エンルート)の天気や、飛行経路近くの空港の天気をチェックします。

このチェックする作業自体は大して時間はかかりません。

飛行機は高度な技術が取り入れられているため、情報の取得はすぐにできます。

エアラインの飛行機にはACARS(エーカーズ)という機械が搭載されています。

ACARSはコミュニケーションツールの1つで、データを送受信することができます。

このACARSはVHF周波数の他にSATCOMという衛星回線を通して通信をするので、VHFの周波数が届かない洋上でもデータを送受信することができます。

受信したデータは飛行機の画面上に映し出されます。

天気以外の様々な情報も送受信できます。

 

③揺れを回避するための策

揺れを回避するのはオートパイロットにはできません。

揺れの回避は人間の仕事です。

揺れを回避するために高度を変えるか、経路を変えるか、その時々の判断で違いますが、何かしらのアクションをします。

 

このように様々なことをしています。

決して本を読んだりしているわけではありません(笑)


-ここだけのパイロットの話, 質問箱
-

執筆者:

関連記事

パイロット目指すなら最低限今からやっておいた方がいいこと

Jです。   今回ですけども、パイロットを目指すうえでこれだけは今からやっておいた方が良いことを書こうと思います。 何だと思いますか? なんならやろうと思えば小学生でもできることです。 &n …

航空大学校3次試験で大事なことを解説

Jです。 今回ですけども、航空大学校3次試験の説明をしておこうと思います。 航空大学校の3次試験は最終試験です。 これに受かれば航空大学校に合格です。 試験内容は面接と模擬操縦装置(FTD)を使った飛 …

航空大学校専門用語「ツボ」と「ドラ」

Jです。   今回ですけども、航空大学校出身者なら必ず分かる用語について解説します。 「ツボ」と「ドラ」についてです。   さて、どのような意味でしょうか?   ツボ(T …

【常に最悪を想定して準備する】投資とフライトの共通点

Jです。 今回ですけども、投資とフライトの共通点についてです。 投資とフライトにはいくつもの共通点があります。 パイロットの習性のひとつ【常に最悪を想定して準備する】というところが特に投資の危機管理と …

都心飛行ルートに反対??羽田の離着陸経路

Jです。 今回ですけども、飛行機の都心飛行ルートについてです。   「都心飛行ルート反対!!」というのをテレビで見たことがあるので書いてみました。 本当に反対すべきことなのでしょうか? 見て …