ここだけのパイロットの話

教官は訓練生の操縦を見ればその人が女性にモテるかどうかが分かるらしいです

投稿日:


Jです。

 

今回ですけども、航空大学校の訓練中に教官が言っていたことを書きたいと思います。

それは操縦を見ればその人が女性にモテるかどうかわかると言うことです。

はじめは絶対嘘だろと思っていましたが、どうやら同期を見ているとモテているやつは操縦もうまかったです。

 

飛行機の操縦がうまいやつは女性にモテる説

よく教官に飛行機を女性をあつかうようにあつかえと言われました。

要は優しくしろということです。

確かに飛行機は繊細です。微妙な力加減が必要な時もあります。

下手な操縦をした時は教官に怒られます。

 

教官「お前モテんやろ」

訓練生「はい!」

教官「『はい』ちゃうわwちゃんとやれ」

 

こんな感じです。

 

この説の理由を考察

ところで、飛行機を雑にコントロールするとどうなるのでしょうか?

 

実は雑にコントロールした場合でも、人間の力ごときでは飛行機は壊れない強度を持っています。

しかし、雑なコントロールをすると非常に不快なGが発生します。

車でいう急ブレーキ、急発進、急ターンを考えていただくとわかりやすいかと思います。

車ではGがかかるのは横方向と進行方向だけですが、飛行機はこれに加えて垂直方向があります。

つまり、雑なコントロールをするとお客様が乗り物酔いをしてしまいます

パイロットはお客様の乗り心地を考えて操縦するように常に教えられます。

これは大型機になればなるほど気をつけなければなりません。

ただ目的地まで連れていけばいいということではないのです。

 

Gをかけない優しい操縦は常に他人のことを考えていないとできないと思います。

日頃から雑で自分勝手な人が飛行機の操縦時にのみ他人のことを考えるのは無理です。

日頃から他人のことを考えて行動している人は仕事でも他人の目線に立ったサービスを行うことができます。

 

確かに自分勝手な人は操縦も自分勝手(下手)です。これは正しいと思います。

一般的に自分勝手な人はモテませんよね。

 

結論、他人への気配りができて仕事ができる人が操縦もうまく、同時にそういう人はモテる。ということなのでしょうか。

 

僕はそう解釈しています。

この説はある程度正しいのかもしれません。








-ここだけのパイロットの話
-

執筆者:

関連記事

不景気でもパイロット採用だけは無くなっていない理由

Jです。 今回ですけども、不景気でもパイロットの採用が無くなっていない理由を説明したいと思います。 パイロットはすぐには育たない 飛行機について素人の人をパイロットに育て上げるまではかなりの時間がかか …

飛行機の重量とバランスは超大事【Weight&Balance】

Jです。   今回ですけども、専門的な話で飛行機の重量とバランスについてです。 航空法に規定されている専門用語は「離陸重量・着陸重量・重心位置および重量分布」で、英語で言うと”W …

飛行機の離陸!!インターセクションデパーチャーって何?

Jです。 今回ですけども、パイロットがよくやるインターセクションデパーチャーについてです。 インターセクションデパーチャーの説明、メリット・デメリット、実際の運用がどうなっているかについて書いていきた …

空港の風景

パイロットの世界は挨拶が超重要!!挨拶が最もできない人は誰か?

Jです。   社会人たるもの礼儀は重要なのは言うまでもありません。 礼儀の中でも特に挨拶は重要です。   パイロットの世界では挨拶は特に重要な意味を持ちます。 「挨拶さえできていれ …

航空大学校専門用語「ツボ」と「ドラ」

Jです。   今回ですけども、航空大学校出身者なら必ず分かる用語について解説します。 「ツボ」と「ドラ」についてです。   さて、どのような意味でしょうか?   ツボ(T …