ここだけのパイロットの話 質問箱

飲酒問題!パイロットは泊まり先で隠れてお酒飲んでる?

投稿日:31/05/2020 更新日:


Jです。

今回ですけども、質問【どうせ泊まり先で隠れてお酒飲んでるんでしょ?】これに答えていきたいと思います。

この質問内容は社会問題にもなり、多くのメディアで取り上げられたのでちょっと真面目に答えます。

 

【答え】全く飲んでない。

 

僕は全く飲んでませんし、おそらく他の人も全く飲んでません。理由は、クビになるからです。

苦労してなったパイロットの職をそんなしょうもない飲酒で失いたくありません。

ハイリスクノーリターンです。そこまで男気はありません。

 

いい機会ですので、パイロットの飲酒問題について少し解説します。

 

パイロットの飲酒については航空法第70条に規定されている

 

(航空法第70条)

航空機乗組員は、アルコール又は薬物の影響により航空機の正常な運航ができないおそれがある間は、その航空業務を行つてはならない。

<航空法より抜粋>

 

また運航規程審査要領細則にこう書かれています。

航空機乗組員及び客室乗務員は、少なくとも乗務前8時間以内の飲酒を行ってはならない

(運航規程審査要領細則より抜粋)

 

これを見てわかるように、具体的には8時間という数字があります。しかし、8時間前に飲酒をやめたとしても、お酒が残ってしまっては航空法第70条に引っかかってしまえば意味がありません。

多くの会社はこの8時間よりも厳しい基準を社内基準として導入しているのです。多くの日本の航空会社は12時間を導入しているらしいです。

 

従って、12時間ルールを守れば飲酒は問題ありませんが、多くのお酒を飲めば翌日にお酒が残ってしまいます。

今までは、時間の規定はありましたが、お酒の飲む量についての規定はありませんでした。しかし、乗務前のアルコール検査で引っかかる人が出たため今回その飲酒量についても基準が作られることとなりました。

 

規定がなければ自分の飲酒量も自己管理できないパイロットがいるとは情けない限りです。

 

そういう流れで今に至るわけです。僕は飲む量を気にしてお酒を飲みたくないので一切飲まないことにしました。もともとお酒をそんなに飲む方ではないので気になりません。

お酒が好きでたまらない人にとっては日本各地に泊まるこの職業はとても誘惑が多いでしょう。もしかしたらお酒好きには向いていない職業になってしまったかもしれません。

 

最後に1つだけ言わせてください。

航空会社の社員がアルコール問題を発生させたら国土交通省航空局にかなり怒られます。JAL、ANAは業務改善命令を出されました。もちろん問題を起こした当該社員は懲戒解雇です。

懲戒解雇については擁護できないと思いますが、航空局所属のパイロットが飲酒で引っかかった際の内部処分がただの停職で済まされたのは民間パイロットは誰も納得していないのでここに書いておきます。


-ここだけのパイロットの話, 質問箱

執筆者:

関連記事

言ったら終わり??訓練中の禁句トップ3

Jです。 パイロットになるまでには様々な訓練があります。 その途中でいろいろうまくいかないことも出てきて苦労すると思います。 教官も一人前のパイロットに育てようと必死なわけですから時には厳しい言葉をか …

猫が寝ている図

いつ頃からモテますか?航大入ってから?パイロットになってから?

Jです。 「パイロットだからモテるでしょー」ということをよく言われます。特に男性から言われます。 この手の質問よく来るので記事にしてみました。   こういう時には「論より証拠」として、いつも …

パイロットは運転手ではない。パイロットの仕事の本質とは?

Jです。   皆さんパイロットの仕事と聞いてどのような内容を思い浮かべるでしょうか? 多くの人がパイロットは飛行機の運転手であるから「飛行機の操縦」が主な仕事だと思っていると思います。 &n …

航空大学校2年間のスケジュールおおざっぱにこんな感じ

Jです。   今回ですけども、航空大学校の2年間の課程をおおざっぱに紹介します。 入学と共に全員寮に入る(全寮制) 全寮制です。ひとり1部屋ではありません。 初めは宮崎フライト課程の先輩と座 …

エアラインパイロットとして独り立ちするまで図解

Jです。   今回ですけども、素人がパイロットになるまでまとめてみました。 パイロットになる方法は全部で大きく4つでした。 ①自社養成のパイロットとして航空会社に就職 ②航空外学校を卒業して …