ここだけのパイロットの話

航空大学校専門用語「ツボ」と「ドラ」

投稿日:


Jです。

 

今回ですけども、航空大学校出身者なら必ず分かる用語について解説します。

ツボ」と「ドラ」についてです。

 

さて、どのような意味でしょうか?

 

ツボ(TSUBO)

ツボの意味は「厳しい」とか「怖い」という意味で、主に教官のことを形容する用語です。

「ツボ教官」という言葉は頻繁に使われ、厳しい教官、怖い教官という意味です。

航大生の中で情報を共有するときに「あの教官はツボ(怖い)」「今日の訓練ツボだった(厳しかった)」という使い方をします。

 

また、教官だけではなく審査官(チェッカー)にもこの用語は使います。

ツボのチェッカーというのは厳しい審査官という意味です。

ドラマGOOD LUCK!の香田機長は確実にツボです。

ツボを引き当てると審査は非常に厳しい戦いになることでしょう。

ツボは嫌です。

 

ドラ(DORA)

「ドラ」はツボの逆です。優しいという意味です。

ドラ教官はとても優しい教官という意味です。

ドラ教官を引き当てたら楽しい航空大学校生活がおくれる可能性が高いです。

また、ドラの審査官を引き当てた時点で勝ちと言っていいでしょう。(ドラで落ちた人を知っていますので油断は禁物)

 

 

【参考:「ツボ」「ドラ」の派生語】

「ツボ街道」→航空大学校の各課程ごとにツボの教官ばかりを引き当てる猛者の軌跡(ある意味奇跡)。反対語は「ドラ街道」。

「激ツボ」→ツボの程度が著しく大きいこと。反対語は「激ドラ」。

「ドラドラしている」→「ドラ」の動詞形。教官がめっちゃ優しい様を言う。ツボツボしているとは言わない。

「ツボられる」→ツボの教官に集中砲火を食らうこと。








-ここだけのパイロットの話
-,

執筆者:

関連記事

航空大学校入試を考える人は大学・学部をどこにすればよいか?

Jです。 航空大学校を受験するためにはまずは大学に行かなければなりません。 大学はどこの大学、学部を選ぶべきなのでしょうか?   航空大学校で学ぶこと 座学課程 航空大学校の座学課程ではパイ …

航空大学校の2次試験(身体検査)に健康でも落ちる理由

Jです。   今回ですけども、航空大学校2次試験の仕組みについて解説したいと思います。 もし航空身体検査を前もって自前で受けて問題なければ、本番の航空大学校2次試験の身体検査は大丈夫かという …

太平洋のど真ん中!!ミッドウェー島について

Jです。 パイロットは目的地に向かって飛んでいる最中は常に何かあったら途中で降りることができる空港を確保しながら飛んでいます。 例えば東京―福岡であれば途中に降りることができる空港は伊丹、関空、中部セ …

国際線で十何時間も何してるんですか?

Jです。 今回もよくある質問に答えていきたいと思います。 国際線のフライトは時間が長いです。 そのフライト時間中上空で何しているかはよく聞かれます。   長距離国際線の上空でやること さて、 …

One Engineの力学

飛行機エンジン故障時の航空力学!どこよりも分かりやすく解説

Jです。   今回ですけども、飛行機のエンジンについての話です。 飛行機は2つあるエンジンが1つ故障してももう1つのエンジンで安全に飛行をし、着陸することができます。 ひとつのエンジンになる …